「経営」とは何か?

ビジネスの心得
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

こんにちは。ヒロです。

今回は、

 

「経営とは何か?」

 

についてお話します。

 

さて、あなたは「経営」と聞いて何をイメージしますか?

 

営業でしょうか?

 

会計でしょうか?

 

集客でしょうか?

 

それとも、生産でしょうか?

 

「経営」という言葉は、経営者でなくとも仕事をしている人であれば、耳にタコができるぐらいに日常的に聞いている言葉ですよね。

 

しかし、「経営」という言葉の意味を正確に理解している人は決して多くありません。もし、あなたがお金を継続的に稼ぎたいと思うのであれば、この「経営」という言葉の意味を決して曖昧にせずに、深く理解する必要があります。

 

なぜなら、「曖昧な理解は曖昧な行動を生む」からです。「曖昧な行動」では当然、結果を出すことはできません。

 

さて、本題に戻ります。「経営」とは一体、何でしょうか?

 

経営とは、

 

「あなたと顧客との関わりをつくっていく活動」

 

のことです。

 

つまり、経営においては、顧客との関わりを上手につくれた人、会社は成功し、うまくつくれなかった人、会社は失敗します。

 

とてもシンプルです。

 

「事業の目的は顧客の創造である」

 

マネジメントの生みの親であるP,Fドラッカーもこのように言っています。

 

つまり、「経営」という言葉が成り立つのに最低限必要な登場人物は、「あなた」と「顧客」だけなのです。

 

「経営」を学問的に捉えると、なんだか複雑なもののように思えますが、「経営」を実践的に捉えれば、とてもシンプルなものになります。従って、

 

 

   ・「自分自身のこと」をより深く知ること

 

・「顧客のこと」をより深く知ること

 

・「自分自身と顧客との関わり」を自らの行動によって築き上げること

 

この3つのことを誰よりも徹底して行うことが「経営の原点」であり、僕たち実務家の務めなのです。

 

何かに迷った時はぜひ、この原点に立ち戻ってみてください。きっと、突破口が見つかるはずです。

P.S

このマインドセットは超強烈です。

「成功した経営者が決して口にしない不都合な真実」

のオンパレードです。

↓↓↓
世界一シビアな「社長力」養成講座

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)