稼ぐための秘訣とは?

目標達成の技術
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

こんにちは。コピーライターのHIROです。

 

今回は、


稼ぐための秘訣

についてお話します。

 

本業であれ、副業であれ、あなたが誰かに何かを販売して、
お金をいただいているのであれば、その仕事に必ず
ミッション(使命)を持つようにしてください。

 

ミッション(使命)というのは、あなたやあなたの
会社の「存在価値」のことです。

 

ビジネスというのは究極的には人の役に立つことをして、
その対価としてお金をいただく営みです。

 

ですので、あなたのやっていることが誰の役にも立たないもの
であるのなら、そもそもビジネス自体が成り立ちません。

 

会社というのは、社会から特定の価値や解決策を
提供することを任されている組織です。

例えば、

飲食店はおいしい食事を提供することを任され、

銀行はお金を預かったり、貸したりすることを任され、

本屋は話題の本を提供することを任されています。

 

「会社」という文字を反対から読むと「社会」になります。

 

「会社」は「社会」の役に立つからこそ存続できるのです。

 

その証拠に過去に反社会的なことをした会社は、
例外なく消えていっています。

 

「そんなことは綺麗ごとだ」

 

「自分は金儲けがしたいんだ」

 

と思う人もいるかもしれませんが、誰が何と言おうと
本質的に、仕事は誰かの役に立つことをすることであり、
その集合体がビジネスであるということを忘れないでください。

 

ビジネスでは自分のことを考えることも大切です。

でも、自分のことだけを考えていては成り立たない
のもビジネスです。

 

ミッションは日本語で「使命」と書きます。

 

「使命」とは「命を使うこと」です。

 

ビジネスにおいて「命を使うこと」
というのは、

 

ただ、一度、与えられた人生において、
自分のためだけでなく、多くの人々のために、
世の中のために、大切な何かを成し遂げようとの決意

 

を持って働くということです。

 

ビジネスというのは、単に与えられた仕事を
こなすだけのものではありません。

 

究極的には自分自身を投影し、
「自分自身の存在意義」を賭けていくものです。

 

自らの「使命」を自覚できた時、
その仕事、ビジネスは本物になります。

 

僕がお手軽、楽々、ほったらかし系のノウハウ
に違和感を持つのは、人間の弱さにつけ込むことで、
お金を巻き上げているように感じるからです。

そこに使命感は感じることができません。

本業であれ、副業であれ、人からお金を
いただくのであればあなたはプロでなければいけません。

たとえ、あなたがまだ初心者であっても、
プロでありたいと自覚してビジネスに取り組むべきです。

 

誰が自分のことしか考えないアマチュアから
商品・サービスを買いたいと思うでしょうか?

 

アマチュアがアマチュア意識のままで稼げるほど、
ビジネスの世界は甘い世界ではありません。

 

本業でも、副業でも常に、プロフェッショナル意識を
持ってビジネスに取り組む。

 

その積み重ねからでしか本物は生まれません。

 

こんな話、あまり面白くないかもしれませんが、
結局は稼ぎ続けている人というのは、このシンプルな
ことを誰よりも当たり前に、愚直にやり続けている人
なんです。

 

裏ワザ、魔法、秘密、そんなものはありません。

 

当たり前のことを当たり前にやる。
その積み重ねが成果につながります。

稼ぐ秘訣は、常にここにあるのです。

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

前の記事「経営」とは何か?
次の記事商品の「価値」とは何か?
HIRO(ヒロ)
こんにちは。僕の名前はHIROと申します。 僕は今、東京のインターネットマーケティング専門の会社で、営業担当者として働くサラリーマンです。 日々、様々な会社の集客担当者に向けて、リスティング広告(クリック課金型広告)を中心に、マーケティングの支援を行っています。 一方で、個人的には、セールスライターとして中小企業、個人事業主のために集客ブログを作成し、その集客ブログを土台として、そこに価値あるコンテンツ記事を書いたり、セールスレターを書く仕事をしています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)