商品の「価値」とは何か?

商品
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

こんにちは。ヒロです。

 

今回は、


商品の「価値」

 

についてお話します。

 

そもそも商品・サービスの「価値」って何でしょうか?

人によって様々な定義があると思いますが、とてもシンプルに考えれば、このようになると思います。

 

「価値」とは、私たちが仕事や生活していく上での「必要性(ニーズ)や「欲望(ウォンツ)」を満たし、私たち人間に「満足」を与えるもののことである。

 

商品・サービスは、その「価値」を届けるための手段に過ぎません。

 

私たちの仕事とは、単に商品を販売するのではなく、「商品=手段」を通して、顧客に「価値」を提供することです。

 

例えば、スターバックスコーヒーは、単にコーヒーを売っているのではありません。

 

スターバックスコーヒーが提供している「価値」は「サードプレイス」です。

 

スターバックスコーヒーが定義している「サードプレイス」というのは、人が多くの時間を過ごす「家」と「職場」の次の「第3の場所」という意味です。

 

だから、彼らはコーヒーだけでなく店員の接客や店に流れる音楽など、顧客が心地良く過ごせる場所づくりにこだわり、顧客もそれを期待し、支持しているのです。

 

このように、「商品・サービスそのもの」だけでなくもっと

 

「その商品が提供する価値」

 

に注目していきましょう。

 

それから、商品・サービスには、

 

「絶対的価値」と「相対的価値」

 

の2つがあります。

 

「絶対的価値」とは、

 

顧客から見た商品の「主観的な価値」

 

のことです。

 

一方、「相対的価値」とは、

 

顧客から見た商品の「客観的な価値」

 

のことです。

 

「絶対的な価値」とは例えば、ルイ・ヴィトンなどのブランド品のように、その商品に対する価値判断は「顧客の心の中」にあるものを言います。

 

もう少し例えるなら、ロックミュージシャンや芸能人のファンのようなイメージです。

 

従って、「絶対的な価値」には、価格競争は存在しません。顧客から見れば、まさにオンリーワンの存在です。

 

それに対して「相対的価値」とは、客観的に見たその商品・サービス「そのものの価値」のことですので、常に他の商品と比べられ、価格競争にさらされる運命にあります。

 

一時期、「ブルーオーシャン戦略」という本が流行りましたよね。

 

確か、この本の主な主張は、

 

「熾烈な競争が繰り広げられるレッドオーシャン(血の海)」

 

で戦うだけでなく、

 

「競争が存在しないブルーオーシャン(青い海)」

 

を創造していくことが大事だということでした。

 

この話も含めて商品・サービスの「価値」を考えるとまさに、「相対的価値」の世界は「レッドオーシャン」であり、「絶対的価値」の世界は「ブルーオーシャン」と考えることができます。

 

ビジネスを行う以上、「レッドオーシャン」で戦うことは避けられません。

 

しかし、その中でも「ブルーオーシャン」を創り上げる努力をし続けることこそがビジネスの醍醐味であり、他の誰でもない、あなたがビジネスを行う意味なのです。

 

ただ、ここで注意してもらいたいのは、「ブルーオーシャン」とはどこかにあって、見つけに行くものではないということです。

 

「ブルーオーシャン」とは、今は存在しないけれども、あなた自身の手によって、創り出していくものです。

 

ビジネスとは、突き詰めて言えば、

 

「あなた」と「顧客」との関係性を創り上げることの継続的な「変化」のプロセス

 

です。

 

あなただけにしか創り上げることのできない「価値」、つまり、「あなた自身のブランド」を創り上げていこうとする意思・姿勢・行動こそがビジネスにおいては最も大事なことなのです。

 

この辺の意識を持てるか、持てないかで、売上が10倍変わってくるというのが、これまでの僕の経験です。

 

お客さんの気持ちになるとすぐに分かりますが、やはり商品・サービスを買うのであれば、信用・信頼・好意を持てる相手から買いたいですよね。

 

ブランドとは、突き詰めれば、信用・信頼・好意そのものなのですから。

 

「価値」を高め続け、それを正しく伝え続ける

 

これこそがブランド構築の原点であり、ビジネスの原点でもあります。

 

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)