セールスライティングこそ最も生産的な仕事。だから、邪魔者は徹底的に排除しよう!

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

From:HIRO

近所のスタバより

僕たちセールスライターにとって、最も生産的な時間は何をしている時でしょうか?

そう。それは、セールスレターなど、商品・サービスを売るための文章を書いている時です。

自分のためのセールスレターであれ、人のためのセールスレターであれ、僕たち自身が何かを書いて、実際に見込み客に届けなければ、収益は生まれません。

だから、電話であれ、メールであれ、テレビであれ、生産的な仕事をするために、邪魔者は徹底的に排除しなければなりません。

邪魔者を排除する方法

では、具体的に、セールスライティングの邪魔をする数々のものから、どうやって自分の身を守っていけばいいのでしょうか?

方法は2つあります。

意思の力

1つは、意思の力です。

テレビ、インターネット、メール、電話など、あなたの気を散らすものを使わないように、自分に言い聞かせる方法です。

でも、この方法は一番、難しい方法です。

なぜなら、僕もそうですが、僕たちはそれほど、強い意思を持っているわけではないので、すぐに誘惑に負けてしまうからです。

環境を変える

2つ目は、環境を変えるということです。

僕はよく近所のサンマルク・カフェ、もしくは、スタバに行ってライティングをすることが多いのですが、生産性はまるで違います。

コーヒーを注文して、席について、パソコンを開いた瞬間、自動で集中モードに入ることができるから不思議です。

どれくらいの生産性の違いがあるか、正確に測ったことはありませんがきっと、2倍以上はあるでしょう。

まとめ

あなたの気を散らす、様々な邪魔者から身を守る方法で一番簡単なものは、環境を変えることです。

人は基本的に意思が弱く、環境に大きく左右される生き物です。

だから、意思だけの力に頼らず、カフェや図書館など、集中できる環境に行って、環境を変えて、仕事をしてみましょう。

僕も最初は「仕事なんて、どこでやっても同じでしょ」と半信半疑でしたが、やってみると「全然違う・・・」となると思いますのでぜひ、あなたも試してみてください。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら