【ニュース!】セールスライターと一緒に仕事をすれば、もっと商品・サービスを売りにつながる資産を築くことができます。

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

From:HIRO

もし、あなたが本気で、あなたの商品・サービスを得るための手段として、ブログなどのコンテンツ記事を作ろうと計画している。

でも、自分では、そんな記事を作れない、または、作れるが時間がないので誰かにお願いしたいと考えている。

それなら、、、普通のライターではなく、プロのセールスライターに仕事を依頼した方が、商品・サービスの売りに直結したコンテンツ記事を作ることができることを知っていますか?

普通のライターが疎かにしていることとは?

暴露してしまいますが、僕の知っている割と多くのライターは、何かの文章を書こうとする時、あまり商品・サービスのリサーチを行なっていません。

やっている人でも、企業が用意したパンフレットをざっと読むぐらいです。

なぜなら、彼らにとっては基本的に、自分の専門知識や経験に基づいて、記事を書く方が楽だからです。

そのライターの書く文章そのものが、最終的な成果物であるのなら、これでもいいかもしれません。

でも、商品・サービスを販売するために記事を書くのなら、これではダメです。

なぜだか、分かりますか?

なぜなら、ライターが書く記事そのものに、読書が満足してしまったら、

「ありがとう。この記事、役に立ったよ」

となって、そのまま、サイトから立ち去ってしまうからです。

そうなってしまえば、あなたの商品・サービス当然、売れませんよね?

これは、試食させようとしたのに、相手はお腹いっぱいになってしまい、「もう満足!」となってしまった状態に似ています。

本当にいい記事というものは、コンテンツの中で読者の注意を商品・サービスに向けさせることができるコンテンツです。

これができれば、あなたの商品・サービスが売れる確率は高まりますよね?

これは、試食をさせて、相手は「もっと食べたい!」となる状態に似ています。

まとめ

プロのセールスライターは商品・サービスのリサーチを怠ることはありません。

なぜなら、コンテンツ記事を書くことの最終目的は、商品・サービスを販売することと心得ているからです。

商品・サービスのことを知らずして、商品・サービスに注意を向けるようなコンテンツ記事を作ることはできません。

だから、普通のライターが疎かにしがちな、商品・サービスのリサーチを徹底的に行うセールスライターと一緒に仕事をした方が、売り上げや利益につながるコンテンツ記事をあなたの資産として、積み上げることができるのです。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら