脳科学コピーライティングの秘密その5:「二番手の商品・サービスを売り込む方法」

Free-Photos / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

今回は、脳科学を活用したコピーライティングの秘密その5: 「二番手の商品・サービスを売り込む方法」について紹介します。

もし、あなたが複数の商品・サービスの種類を持っていたとしたら、見込み客や顧客に対して、どのような提案をすれば最も商品・サービスの売れ行きを伸ばすことができるでしょうか?

スタンフォード大学の実験

スタンフォード大学が、消費者のグループに購入するカメラを選ばせる実験を行いました。

第1グループでは、2つのモデルの間で選択が約半分に分かれました。

しかし、第2グループでは、最も安いモデルはほとんど売れず、2番目のカメラの方が売れ行きがよいという結果になりました。

なぜ、そのような結果になったのでしょうか?

正解はとても高価なモデルを追加したことで、2番目のカメラが消費者の目に、合理的な妥協案として映ったのでした。

ハイエンド商品を追加しよう

このスタンフォード大学の実験結果から、最上位モデルに安定した商品・サービスがすでにある場合、より高価格の商品を製品ラインナップに加えることで、既存の商品の売り上げがいっそう伸びるということが分かりました。

もちろん、新たに製品ラインナップに加えた高価格商品が市場から支持されて、売り上げが伸びる可能性はあります。

でも、もし、高価格商品がそれほど売れなかったとしても、高価格商品があることで、2番手や中価格帯の商品の売り上げを伸ばすための布石になる可能性があります。

例えば、レストランに行くと、値段の高い牛フィレステーキ肉とエビフライのセットをメニューのトップに載せることにより、それ自体をPRすることの他に、他のハンバーグやチキンなどのメインディッシュが妥当な値段だと思わせることに効果を発揮するということがあります。

まとめ

あなたは今日学んだ「二番手の商品・サービスを売り込む方法」という知識を何に使いますか?

知識は持っているだけでは何も変わりません。

少しずつでもいいので、実際に使ってみることによって、変化・結果を生み出すことができるようになるでしょう。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら