「そこそこ反応率が上がるセールスレター」を素早く書く秘訣とは?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

From:HIRO

自宅より

もし、あなたがそこそこ反応率が上がるセールスレターを書きたいのなら、これから紹介する記事は必読です。

当時、そこそこ反応率が上がるセールスレターが書けるようになった頃、僕の最大の悩みは、セールスレターを書くための時間がかかり過ぎるということでした。

僕たちビジネスパーソンは、何も趣味でセールスレターを書いているわけではありませんよね?

僕たちビジネスパーソンは、仕事として、もっと売り上げを上げるため、そして、もっと見込み客を獲得するためにセールスレターを書いているんですよね?

そうであれば、一つのセールスレターを仕上げるためにかける時間の効率をもっと上げる必要があります。

でも、多くの人は一つのセールスレターを書き上げるのに、必要以上に時間をかけてしまいがちです。

なぜ、セールスレターを書くのに、そんなに時間がかかるのか?

もしかしたら、あなたはセールスレターに対して、こんな思い込みはありませんか?

実はこの3つの思い込みがこそが、あなたのセールスレターを書くためのスピードを遅らせている原因なのです。

【思い込み1】セールスレターは芸術作品だ

セールスレターを学び始めの頃、先人たちが書いたセールスレターを目にして、多くの人が陥る思い込みに「セールスレターは芸術作品だ」と思ってしまうことがあります。

でも、この思い込みは明らかに間違っています。

セールスレターとは「印刷された営業担当者」です。

そして、

セールスレターの目的とは、商品・サービスを売ること。しかも、今すぐに。

この1点にあります。

だから、自分が書いたセールスレターに必要以上の思い入れを持つ必要はありません。

(思い入れを持ちたい気持ちは、十分に分かります)

セールスレターを書く目的が商品・サービスを売ること。しかも、今すぐに。

であるのならば、あなたの仕事はできるだけ素早く、そこそこの反応率の出るセールスレターを書き上げることにあるのです。

【思い込み2】セールスレターを書くには、創造性が必要だ

多くの人が誤解していることの2つ目に「セールスレターを書くには、創造性が必要だ」というものがあります。

これも間違っています。

実は、多くの仕事を抱えるプロのセールスライターは、全くのゼロからセールスレターを書くことはありません。

プロのセールスライターが素早く、そこそこ反応率が出るセールスレターが書ける秘密は、過去に効果が実証されたセールスレターの型(スワイプファイル=借用ファイル)をたくさん持っているからです。

プロのセールスライターは商品・サービスと見込み客のことを深く理解したら、後はスワイプファイルを引っ張り出してきて、それらからアイディアを拝借し、文章や言葉を組み合わせて、素早くセールスレターを仕上げていくのです。

つまり、そこそこ反応率の上がるセールスレターを素早く書くためには、創造力(クリエイティビティ)ではなく、組み合わせ力(コレクティブ)が必要なのです。

セールスレターは小説でも、エッセイでも、読書感想文でもありません。

セールスライティングの世界には、過去に大成功したセールスレターの型、ヘッドライン、オープニング、ブレット、クロージングなど、すでに効果が実証されている文例集が存在します。

セールスライターの仕事の価値とは、商品・サービスと見込み客をつなげるために、それらのセールスレターの型や文例集を組み合わせて、ピッタリと一致させることができることにあるのです。

【思い込み3】セールスレターを書くには、時間がかかる

思い込みの3つ目は、多くの人は、セールスレターを書くには、時間がかかると思っていることにあります。

僕が見た限り、ほとんどの人は、文章を書くことが苦手です。

書くことよりもしゃべることの方が得意です。

普段、しゃべることが得意な人でも、いきなり文章を書くとなると、思考が停止してしまうのです。

でも、そうなってしまうには原因があります。

それは、うまい文章を書こうとしてしまうからです。

セールスレターを書くのに、うまい文章を書こうとする必要はありません。

セールスレターの目的を思い出してください。

セールスレターの目的は、商品・サービスを売ること。しかも、今すぐに!

でしたよね?

そうであるならば、文章が下手だろうが、上手かろうが、商品・サービスを売ることができなければ、失敗なのです。

「セールスレターを書くこと」を難しく考える必要はありません。

なぜならば、セールスレターは印刷された営業担当者だからです。

つまり、セールスレターは、営業担当者の営業トークを単に、書き起こしたものなのです。

そこそこの反応率が出るセールスレターを書くための秘訣は、うまい文章を書こうとすることをやめて普段、うまくいっているセールストークをできるだけ忠実に書き起こし、それを編集することにあるのです。

まとめ

いかがでしたか?

あなたは、セールスレターを書くことに対して、この3つの思い込みを持っていませんでしたか?

  1. 【思い込み1】セールスレターは芸術作品だ
  2. 【思い込み2】セールスレターを書くには、創造性が必要だ
  3. 【思い込み3】セールスレターを書くには、時間がかかる

実は、何を隠そう、僕自身がセールスレターを書くことに対して、この3つの思い込みを持っていました。

でも、その思い込みの間違いに気づいてから、僕のセールスレターを書く時間は格段に早くなりました。

僕は知らず知らずのうちに、アクセルを踏みながら同時に、ブレーキ=思い込みも踏んでいたのです。

あなたも、このブレーキ=思い込みを外すだけで、セールスレターを書くスピードが格段に向上するはずなのでぜひ、実践してみてください。

それから、思い込みを外したら、そこそこ反応率が上がるセールスレターを書くための秘訣は、通常の仕事と同じように、自分に締め切りを設けることです。

よく、「時計がない部屋は生産性が下がる」と言われますが、期限がない仕事は、どうしてもスピードが落ちてしまうものです。

あなたも夏休みの宿題を8月30日、31日になって、慌てて仕上げた経験はないですか?

それと同じで、そこそこ反応率の上がるセールスレターを書く秘訣は、時計を見て、自分の仕事に明確な締め切りを決めることにあります。

たったそれだけのことですが、セールスレターを書くスピードは格段に上がるので、これもぜひ、試してみてください。

追伸

そこそこ反応率の上がるセールスレターを書くための秘訣、そして、過去に効果が実証されたセールスレターの型(スワイプファイル=借用ファイル)を手に入れるのなら、今すぐにこれを試してみてください。

↓↓↓

マグネティック・セールスライティング「説得力と影響力のある文章の書き方」完全マニュアル

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!