geralt / Pixabay

ジョン・ケイプルズやロバート・コリアーなどのマーケティングの巨匠たちが巨匠と言われる理由があります。

それは、彼らは同様に、ポイントをついた話をするのがうまくて、効果があると分かっている4つか5つ、6つくらいの方法を忠実に守っていたという点です。

そして、決して、自分自身のアプローチ法に飽きてしまうこともありませんでした。

成果を出し続けるためには、効果があると分かっている方法は飽きても、嫌になっても、忠実に守ることを忘れてはいけません。

僕の場合も、いろいろなセールスコピーの型を学ぶたびに、それを試したくてうずうずしてしまって、過去にうまくいったセールスレターの型を使わないことがあります。

そして、見事に失敗します・・・。

でも、セールスライターは自分自身やクライアントのために、売り上げを1円でも上げるためにセールスレターを書くのが仕事なので、効果が出ているセールスレターの型を使った方が確実ですよね?

人間は飽きやすい生き物

私たち人間は、不思議と効果が出るとわかっているものを持っていたとしても、それに飽きてしまって、いつも、新しい方法を試したがる生き物なのです。

だからこそ、あなたもプロのセールスライター、マーケッターを本気で目指すのなら、いち早く効果のある方法を確かめて、それを繰り返し使うことで、成果を出すことを第一に考えるようにしてください。

まとめ

セールスライティング、マーケティングの巨匠たちはそれを非常にうまくやっているのです。

彼らは2つか3つのアプローチを繰り返し使って、ずっと成功し続けたのです。

ぜひ、見習いたいものです。

おすすめの記事