反応率の上がったセールス・ストーリーは、何度でも繰り返そう!

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

ストーリーはセールスレターを書く上で、大きな武器になります。

特に、企業の中ではなぜか「短いコピーこそ正しい」みたいな風潮があって、ストーリーが入ったセールスレターを上司に見せると「長くない?」みたいな反応が返ってきます。

そんな時は決まって、僕は「ちゃんとコピー読んでないですよね?」「セールスコピーは社内の報告文書ではないんですよ?」「あなたは見込み客ではないですよね?」という言葉を心の中で繰り返すハメになってしまいます(まあ、僕の愚痴はこの辺でやめておきましょう)

多くの人が犯してしまう間違いの一つに、自分がせっかく作ったセールス・ストーリーを「長い」と言われて簡略化、または要約してしまうということにあるのです。

自分の「怠け心」と「自信のなさ」を退治しよう!

僕も日々、セールスコピーを書いていて、

「また、この話をするのか。面倒くさいし、相手も知っていると思うし、書くのをやめてしまおう・・・」

「上司やお客さんからまた長いって言われちゃうよ。反論するの面倒くさいんだよな・・・」

という自分の「怠け心」と「自信のなさ」という誘惑に負けそうになることがあります。

そうなってしまう理由には、セールスコピーの書き手であるあなたの心の中に、こんな気持ちが湧き上がってきてしまうからです。

  • 何度も同じメッセージを話しているので、こんなことはみんな知っているだろう、、、
  • 長いと全部読んでもらえないかな、、、
  • もう同じストーリーを書くのにも飽きたな、、、
  • 正直、同じストーリーを書くのは面倒くさいな、、、
  • どうせ、上司やお客さんからは「長い」と言われるんだし、、、

でも、ストーリーを語ることをおろそかにしてしまうと、目に見えて数字が下がる時があるんです。

例えば、既存の顧客リストに何かを販売しようとメルマガを送る時に、「いつも同じことを言っているんだし、わざわざいつものストーリーを書かなくてもいいでしょ」と思って、いろいろな部分を省いてしまうと本来、もっと売れたはずなのに、その機会を知らず知らずのうちに逃してしまうことがあるのです。

反応率が上がったストーリーは何度でも繰り返そう!

一度でも反応率が上がったストーリーは、何度でも繰り返す必要があります。

あなたが飽き飽きしてしまっていようが、あなたが短いコピーが好みであろうが、そんなことは関係ないのです。

なぜなら、あなたの見込客や顧客は、常にあなたのことに関心を払っているわけではないからです。

厳しい言い方をすれば、以前に聞いたあなたのストーリーなんて、読んでいないか、読んでいたとしても忘れてしまっていることが多いのです。

だから、あなたは、一度でも反応率が確認できたストーリーは、一対一の対面販売も含めて、何度でも何度でも繰り返す必要があるのです。

まとめ

あなたの見込み客や顧客はあなたが思っている以上に、あなたのことについて興味も関心もありません。

あなたが一度伝えた話でもすっかりと忘れてしまっているのです。

ですので、反応率が上がったストーリーはたとえ、長いものだとしても何度も何度も繰り返して、伝え続ける必要があるのです。

見込み客や顧客よりも先に、あなたが自分の書いたセールスコピーに飽きてはいけません。

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら



【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

もっと稼ぎたいけど、どうしたらいいか分からないサラリーマンへ

サラリーマンを続けながら「ウェブ・セールスライター」として活動している凡人の男が「副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法」を教えます。



副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法


こんな少ない稼ぎで、生活するのはもうウンザリでした。


それから、この先「私が昇進・昇格して給料が上がる見込み」も「会社の業績が上向く見込み」も薄いことはハッキリと分かっていました。


また、それ以上に、会社の言うままに「これで本当にいいのだろうか・・・」と疑いを持ちながら仕事をするのが耐えきれませんでした(もっと私には可能性があるはず。何かに挑戦したい!)


だから私は、このビジネスを始めたのです、、、