誰にでもすぐにできるけど即効性がある「新米セールスライターが仕事を獲得する方法」を公開します。

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

セールスライターを目指すあなたにとって今、抱えている最大の悩みは何ですか?

恐らく、「なかなか仕事を獲得することができない」ということではないでしょうか?

「セールスライティングの勉強を始めた。でも、一体、どうやって仕事を獲得すればいいんだろう・・・」

僕はここ1年ぐらい、多くの方のセールスライターとしての起業支援をさせてもらっているのですが、ほとんどの人が、最初の仕事を獲得する段階で悩み、立ち止まってしまっているのを嫌と言うほど見てきました。

そして、そんな僕自身もセールスライターを始めた当初は、仕事の獲得方法で悩んでいました。

そこで、今回はセールスライターとして仕事を獲得する上で、誰でもすぐにできて、即効性のある効果抜群のアイディアを一つ紹介したいと思います。

このアイディアをすぐに実践することで、たとえあなたが新米のセールスライターだったとしても仕事を獲得できる確率が飛躍的に高まるでしょう。

今すぐに名刺と集客ブログのタイトルを変えてください

あなたも時間がないと思うので、結論から言いますね。

それは、あなたの名刺と集客ブログのタイトルを変えることです。

なぜか?

多くの人のブログのタイトルを見ると「◯◯のセールスライター」、「◯◯のマーケッター」と書かれているのですが、これでは仕事を頼む側の経営者から見たら一体、何をしてくれるのかがサッパリ分からないからです。(あなたの名刺と集客ブログは大丈夫ですか?)

マーケティングやセールスの世界には、こんな言葉があります。

「混乱した脳はNOと言う」

つまり、あなたが仕事がとれない最大の原因は、あなたの商品・サービスを検討する以前にあなたが一体、何をやっているかが分からないからなのです。

意味不明で分からない商品・サービスは、あなたも怖くて買えませんよね?

余談ですが、僕は中身の分からない福袋はどんなに縁起物として売り込まれても買いません。だって、どんなに良いものだとしても、それは自分にとって良いものとは限らないからです(笑)

ほとんどの中小企業の経営者の頭の中にある3つの悩みとは?

ほとんどの中小企業の経営者が抱える3つの悩みがあります。

この3つの悩みは、お客さんである経営者との関係性が深くなるにつれて、凄く実感することです。

それは、

  1. 集客できない(何をどうすればいいか分からない)
  2. 忙しいので人手が欲しい(どうやって人を集めればいいかわからない)
  3. 資金が足りない(1、2ができないから儲からない)

ということです。

その経営者が置かれた状況によって程度の違いますが、この3つの悩みはどんな経営者でも、常に頭の中で考えていることです。

僕も昔、起業した経験があり、また事業会社では新規事業開発の責任者もやっていたので、このことは骨の髄まで沁みるほど実感していることです。

例えば、僕の場合、休日に遊びに出かけている時でも寝ている時でも、常にこの3つの悩みが頭から離れず、良いアイディアが浮かぶことがあれば、食事中であっても寝ていてもすぐにメモをする癖がありました。

なぜなら、この3つが効果的かつ効率的に行われていなければ経営そのものが成り立たないからです。

つまり、この3つの悩みは万が一、売り上げが下がって倒産をしてしまったら、従業員や家族を路頭に迷わせてしまうという生存本能に直結しているのです。

だからこそ、この3つの悩みは、どんな経営者にとっても優先事項の高いテーマなのです。

相手の頭の中の会話に自然に入り込む方法

そんな3つの悩みを抱える経営者があなたと出会って、あなたと名刺交換をした時にあなたから「◯◯のセールスライターです」「◯◯のマーケッターです」と自己紹介されたら、どう思うでしょうか?

大抵の人は「なんか難しそうだな。具体的に何をやっているか分からないし・・・」と思ってしまいますよね?

では、こんなこんなふうに自己紹介されたら、どう感じるでしょうか?

「◯◯業界の集客代行の仕事をやっています。集客用のキャンペーンを考えたり、集客ページを作ったり、広告を出したりする大変な仕事を全部代行します」

こう言えば何をやってくれるのか、はっきり分かりますよね。

ちょうど頭の痛い問題や悩みを抱えていたら、ちょっと相談してみようと思う人も出てくるのではないでしょうか?

つまり、あなたは相手の関心事に自然と入り込めるような自己紹介をする必要があるのです。

これができなければ、あなたが信頼されるかされないか以前に、相手に興味を持ってもらうことすらできません。

まとめ

セールスレターを書く上で大切なことは、下記の見込み客の3つの壁を越えることにあります。

  1. 聞かない・読まない
  2. 信用しない
  3. 行動しない

あなたの名刺や集客ブログのタイトルを相手にとっての関心事に変えることで、この1つ目の壁をを簡単に越えることができてしまうのです。

セールスライターとして成果を出しつづける上で最も大事なことはセールスライティングのテクニックだけでなく、見込み客、商品、そして市場の3つを正確に把握する力です。

そして、それは自らのビジネスを相手に売り込む上でも同じなのです。

医者の不養生ではないですが自らのビジネスの集客を後回しにして、人のビジネスのアドバイスばかりしようとしてはいけません。

なぜなら、鋭い経営者は冷静にあなたを見ているからです。

「そういうあなたは、ちゃんとできてるの?」

これは言うのは簡単ですが、行うのが非常に難しいことですが、常にこの戒めを持って日々の仕事をすることこそが、相手の信用と信頼を勝ち取るための王道中の王道でもあります。

僕もまだまだ修行中ですが、まずは自らの行動を正していきたいですね。

追伸

専門業者に頼めば数十万円、自分で作れば数ヶ月かかる集客ブログとマーケティングとセールスライティングの体系的な基礎知識を格安で手に入れる方法はこちら

↓↓↓

副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法

セールスライターとして継続的に仕事を獲得するための基礎知識と道具はすべて用意しましたので、後はあなたの置かれた環境で実践あるのみです。

あなたの挑戦を応援しています。

サラリーマン・セールスライターのHIROより
HIROのプロフィールはこちら

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら