人を動かす「たった一つの秘訣」とは?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

From:HIRO

自宅より

ビジネスを行うには常に、自分以外の他人と関わらなくてなりませんよね?

いつも他人と対立したり、トラブったりしてたら話になりませんよね?

人に動いてもらわなければ、ビジネスは1ミリも前に進めることはできないですよね?

では、、、どうすれば人に動いてもらえるのでしょうか?

人を動かす秘訣とは?

世の中には無数のノウハウがありますが、実は人を動かす秘訣はこの世に 、ただ一つしかありません。

この事実に気づいている人は 、まだまだ少数です。でも 、人を動かす秘訣は 、間違いなく 、一つしかないのです。

それは、自ら動きたくなる気持ちを起こさせること。

これが 、秘訣です。

くどいようですが 、これ以外に秘訣はありません。

もちろん 、経営者が従業員に「首を切るぞ!」と脅して 、奴隷のように働かせるせることもできます。

例えば、少なくとも 、監視の目を向けている間だけは鞭や脅し言葉で、子供を好きなように動かすこともできます。

でも、こういう力に頼ったお粗末な方法には 、常に好ましくない代償がつきまといます。

その代償とは、信頼関係が崩れ、後で仕返しされるかもしれないという代償です。

そんな小手先の方法ではなく、人を動かすには 、相手の欲しがっているものを与えるのが 、一番効果的な方法です。

人が一番欲しがっているものとは?

では、人は一体 、何を欲しがっているのでしょうか?

人の動機づけに関する実験や研究は諸説ありますが、二十世紀の偉大な心理学者ジグムント ・フロイトによると、人間のあらゆる行動は 、二つの動機から発しているということです。

それは、「性の衝動」と「偉くなりたい」という願望の2つです。

欲しいものがあまりないような人でも 、手に入れないと承知できないほど欲しいものは実は 、いくつか持っているものです。

普通の人間ならまず 、次に挙げるようなものを欲しがるでしょう。

  1. 健康と長寿
  2. 食物
  3. 睡眠
  4. 金銭および金銭によって買えるもの
  5. 永遠の若さ、命
  6. 性欲の満足
  7. 子孫の繁栄
  8. 自己の重要感

このような欲求は 、たいていは満たすことができるものですが 、一つだけ例外があります。

その例外とは、食物や睡眠の欲求同様になかなか根強く、しかも 、めったに満たされることがないものです。

それは、8番目の〝自己の重要感 〟です。

フロイトの言うところの 〝偉くなりたいという願望 〟のことです。

優れた心理学者ウィリアム ・ジェイムズは 、「人間の持つ性情のうちで最も強いものは 、他人に認められることを渇望する気持ちである 」と言っています。

ここでジェイムズが 、希望とか要望とか待望とかいう、なまぬるい言葉を使わず、あえて 「渇望する 」と言っていることに注意をしてください。

「他人に認められたい」

この感情こそが、人間の心を絶えず揺さぶっている焼けつくような渇きの正体です。

他人のこのような心の渇きを正しく満たしてやれる人は極めて稀ですが 、それができる人はほぼ確実に、他人の心を自己の手中に収めることができるのです 。

よく「他人を褒めればうまくいく」みたいなことがありますが、その本質は相手の心の渇きを満たしてあげることにあるのです。

明日、あなたは誰の心の渇きを満たしますか?

あなたが「心の渇き」を満たした人の数だけ、あなたは主導権を握ることができるのです。

ぜひ、恥ずかしがらずに実践してみてください。

驚くような変化を体験することができるでしょう。

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら



【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

もっと稼ぎたいけど、どうしたらいいか分からないサラリーマンへ

サラリーマンを続けながら「ウェブ・セールスライター」として活動している凡人の男が「副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法」を教えます。



副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法


こんな少ない稼ぎで、生活するのはもうウンザリでした。


それから、この先「私が昇進・昇格して給料が上がる見込み」も「会社の業績が上向く見込み」も薄いことはハッキリと分かっていました。


また、それ以上に、会社の言うままに「これで本当にいいのだろうか・・・」と疑いを持ちながら仕事をするのが耐えきれませんでした(もっと私には可能性があるはず。何かに挑戦したい!)


だから私は、このビジネスを始めたのです、、、


返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)