SEO対策をする時、絶対にやらなければならない「たった1つのこと」とは?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

あなたがSEO(検索エンジン最適化対策)を本気でやろうと思うのなら、あなたがやらなければならないことは、たったの一つです。

それは、日々のSEOの作業の中心として、GoogleやYahoo!などの検索エンジンユーザーの疑問、悩み、痛み、欲求、楽しみ、願望などの感情を満たすことができる高品質なコンテンツ(記事)を継続的に制作・発信していくことです。

よく、

「最高のSEO対策はSEO対策しないことだ」

と言われますが、本来のSEO対策というものがあるとすれば、この世の中にSEOというものがなくても当たり前に行うこと。つまり、あなたのビジネスのお客さんになり得る人たちに向けて、有益なコンテンツ(記事)を継続的に制作・発信し続けることが求められるのです。

お客さんにとって、有益なコンテンツ(記事)を制作・発信し続けることは、たとえ、検索エンジンで上位表示されなくても、やる必要があることです。

なぜなら、あなたが、どんなに営業が上手でも、あなたの見込み客はあなたと会った後、あなたの話に興味を持っていればいるほど、あなたの会社のホームページをじっくりと見る確率が高いからです。

その時に、あなたのホームページが全く更新されておらず、知識や情報に乏しいか、知識・情報が雑然と散らかっていたら、見込み客の買う気も失せてしまいます。

逆に、あなたのホームページがたくさんのコンテンツで満たされ、常に新しい知識・情報が更新されており、飾り気はないけれども、非常に分かりやすくシンプルにまとめられていたら、どうでしょうか?

きっと、あなたは、そのサイトの製作者に好意を持ち、信頼をするでしょう。

その好意と信頼を獲得した結果として、あなたはそのサイトのコンテンツ制作者が勧める商品・サービスを買う可能性も高くなるでしょう。

これは、まさにあなたと同じように、生身の感情を持った検索エンジンユーザーを中心に据えた考え方であり、まずは何よりも検索エンジンユーザーに注目することこそが、その出発点となります。以下はその着目点の一例です。

  • 検索エンジンユーザーが抱えている夜も眠れないくらいの課題や問題、痛み、悩み、疑問、質問は何だろうか?
  • その課題や問題を解決しようとする時、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに入力する検索キーワードはどのようなものだろうか?
  • 検索エンジンユーザーがGoogleやYahoo!などの検索エンジンユーザーの検索結果に求めるもの、彼、彼女らがより深く満足できるものは何か?
  • 検索エンジンユーザーにとって、本当に役立つ知識・情報とはどのようなものか?
  • 検索エンジンユーザーが思わず、他者と共有したくなるコンテンツ(記事)とはどのようなものか?

ちょっとだけでいいので、立ち止まって考えてみて下さい。

検索とは何でしょうか?

検索とは、検索エンジンユーザーが自分の課題や問題解決のために、また、自分の興味や関心を満たすために、新たな知識・情報を獲得しようとする積極的な行為です。

そして、GoogleやYahoo!などの検索エンジンは検索エンジンユーザーと知識・情報をつなぐ役割を担っています。

そして、検索エンジンユーザーを満足させることができるような知識・情報を提供することがSEOの本質的な役割なのです。

そのように考えると、SEOを行おうとする人がやるべきことは、「どうすればGoogleやYahoo!などの検索エンジンに、人気のあるキーワードで上位表示させることができるのか」と考えてはダメなのです。

SEO対策を行おうとする人がまず、何よりもやらなければならないことは、検索エンジンユーザーと向き合うことです。

SEO対策は、ひたすら検索者と向き合うものでなければなりません。

「検索エンジン中心」から「検索エンジンユーザー」中心へ

インターネットが黎明期だった2000年前後のSEO対策の中心は、検索エンジンと向き合い、検索エンジンのアルゴリズムを研究するという性質を強く持っていました。

つまり、検索エンジンと向き合うことが必要とされていました。

しかし、2013年9月27日にGoogleから発表されたハミングバードアップデートと呼ばれる検索エンジンのアルゴリズム、つまり、検索エンジンが評価する基準の更新で、これまで続いてきたSEOの考え方が全く変わりました。

具体的には、少し専門用語になってしまいますが、それまでは検索エンジン上位で上位表示させることに不可欠であったページランクや被リンクの質・量はほとんど意味がなくなり、シンプルかつ純粋に、一つ一つの記事やページの「検索エンジンユーザーから見た時のコンテンツの質」のみを評価基準とするようになりました。

つまり、2013年9月23日を境に、SEO対策の中心は検索エンジンユーザーと向き合い、検索エンジンユーザーを研究するものへと変化しました。

この変化の本質は、検索エンジンの進化にともなう変化であり、「検索エンジンユーザーの疑問や、検索エンジンユーザーの置かれた状況に応じた有用なコンテンツを制作する」ことへの進化なのです。

したがって、あなたがGoogleやYahoo!などに評価されて、あなたのサイトや記事を検索エンジン上位にさせたいのなら、検索エンジンユーザーと徹底的に向き合うことは決して、避けては通れないことなのです。

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら



【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

もっと稼ぎたいけど、どうしたらいいか分からないサラリーマンへ

サラリーマンを続けながら「ウェブ・セールスライター」として活動している凡人の男が「副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法」を教えます。



副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法


こんな少ない稼ぎで、生活するのはもうウンザリでした。


それから、この先「私が昇進・昇格して給料が上がる見込み」も「会社の業績が上向く見込み」も薄いことはハッキリと分かっていました。


また、それ以上に、会社の言うままに「これで本当にいいのだろうか・・・」と疑いを持ちながら仕事をするのが耐えきれませんでした(もっと私には可能性があるはず。何かに挑戦したい!)


だから私は、このビジネスを始めたのです、、、