コンテンツを重視すると、SEO対策が簡単になる本当の理由とは?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

「SEOは難しいし、頑張っても上位表示されないよ・・・」

多くのマーケティング担当者や企業の役員はこう言います。

でも、SEO対策は、そんなにも難しいものなのでしょうか?

結論から言ってしまうと、SEO対策は、それほど難しいものではありません。

むしろ、SEOを難しくしている真の原因は、あなた自身の間違った考え方と行動にあるのです。

何がSEO対策を難しくしているのか?

では、何がSEO対策を難しくしているのでしょうか?

あなたのSEO対策を難しくしている最大の要因は、企業の商品やサービスの「売り込みページ」を一生懸命になって、検索結果で上位表示させようとしていることにあります。

これは無理があります。

なぜなら、GoogleやYahoo!などの検索エンジン上で検索されるキーワードのほとんどは、検索者の質問や疑問であり、検索者が本当に求めているものは、企業の売り込みではなく、自分自身の質問や疑問に対する答えだからです。

つまり、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果に求められるものは、検索者の不足した知識や情報を補い、検索者ひとりひとりが抱える問題や課題を解決に導く解決策が示されたコンテンツなのです。

だからこそ、そうしたコンテンツ(記事)を更新し続ける限り、SEO対策は簡単です。

なぜなら、検索者が答えを求めているのと同様に、Googleの検索エンジンもまた、検索者が求める答えを検索結果に表示しようとするからです。

つまり、あなたもまた、その流れに乗って、検索者の質問に答えるコンテンツを作ればいいというだけのことです。

このように考えると、SEO対策は決して難しいものではないことが分かります。

しかし、一方で、検索者や検索エンジンの意図に反するもの(例えば、企業の売り込みや自慢話など)を検索エンジン上で上位表示させようとすれば、SEO対策は当然、難しくなります。

「失敗するSEO対策」と「成功するSEO対策」との違いとは?

まとめると、「失敗するSEO対策」と「成功するSEO対策」には、明確な違いがあります。

「失敗するSEO対策」とは?

自社の都合を優先し、検索者の意図を自分の都合のいいように解釈して、自社の売り込みや自慢話を検索結果に露出させるようと頑張ること
これでは、いくら頑張っても、あなたのSEO対策に対する努力が実ることはありません。

「成功するSEO対策」とは?

検索者の目線に立って検索の意図を考え抜き、検索者にとって、最適なコンテンツを提供し、それを検索結果に露出させようと頑張ること

この方法であれば、あなたのSEO対策に対する努力が実る確率が高くなります。

つまり、SEO対策が成功するか失敗するかを分ける最大のポイントは、検索者が検索するその目的について、自社の都合で考えるか、検索者の立場で考えるか、ということにかかっているのです。

言い換えれば、あなたがまだ見ぬ検索者との関係構築をどう考えるかによって、結果が左右されるのです。

検索エンジンは、どんな時に使いますか?

あなたはどんな時に、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを使いますか?

ほとんどの場合、何かの調べ物をする時に、検索エンジンを使うのではないでしょうか?

多くの企業は、消費者は商品やサービスを探して、検索していると考えていますが、これはほとんどの場合、全くの誤りです。

商品・サービスを探すために、検索エンジンを使う検索エンジンユーザーは、ごくごくわずかです。

事実、検索クエリ(検索者が検索するキーワード)のほとんどは、何らかの知識や情報を探すためのもの(情報探索型クエリ)であり、購買や取引を意図する検索(購買検討型クエリ)は、圧倒的少数に過ぎません。

もちろん、例えば、自分の大好きなアーティストのコンサートのチケットを今すぐに買いたいと思って検索することもたまにはあると思います。しかし、購買を目的として検索することは、情報を探す目的で検索することに比べれば、割合としてはずっとずっと低いものになります。

「情報探索型クエリ」と「購買検討型クエリ」との違いとは?

検索者がGoogleなどの検索エンジンに打ち込むキーワード(「検索クエリ」と呼ばれます)は主に、下記の2つに分けられます。

情報探索型クエリ

情報検索型クエリとは、情報を探すための検索です。

情報を探すための検索(検索の大多数を占める)において求められることは、検索連動型広告などの有料広告ではなく、自然検索の結果に対して、検索者の質問に答えるコンテンツが提示されることにあります。

購買検討型クエリ

購買検討型クエリとは、購買や取引を意図する検索です。

購買や取引を意図する検索は、少ない検索回数を多くの競合が奪い合う状況にあり、検索結果を巡る競争が極めて激しい領域です。

そのため、結果が不安定であり、また、コンバージョン獲得に最適化したランディングページ(企業の売り込みページ)はSEO対策には不向きです。

また、購買検討型クエリ(コンバージョンにつながりやすいキーワードでの検索)では、SEO対策で対応するのは極めて困難です。

コンバージョンの獲得に最適化したページを検索結果に確実に表示させることは、SEOよりむしろリスティング広告の得意分野であり、SEO対策の得意分野ではありません。

有料検索(リスティング広告)の活用方法

購買検討型クエリ(コンバージョンにつながりやすい/検索回数が少ないキーワード)は有料検索のリスティング広告と最適化されたランディングページで対応し、確実にコンバージョンを獲得していくことが中心的な施策です。

一方で、情報探索型クエリにおける検索結果での露出を狙うのであれば、SEOは簡単になります。

あなたがやるべきことは明確です。

検索者の質問に答えるコンテンツを継続的に追加または更新し、より詳しく、より正確に、そして、より丁寧にしていくことで、容易に自然検索からのトラフィックを集めることができます。

自然検索(オーガニック検索)の活用方法

情報探索型クエリ(コンバージョンにつながりにくい/検索回数が多いキーワード)は無料のトラフィックが得られる確率が高い自然検索で対応し、検索者との接点を構築すると同時に信頼を獲得していきます。

ここで重要になってくるのが、SEO対策とリスティング広告の使い分けです。

コンバージョンにつながりにくく、でも、検索数は多い情報探索型クエリに対応するために有料の広告を使うことは、多くの場合、あまり現実的ではありません。なぜなら、クリック単価が上がってしまい、費用対効果が悪いからです。

SEO対策は、そうした検索に対応する場合に威力を発揮するのです。

企業の売り込みと自慢話は、検索結果に上位表示させるのは難しい

コンテンツを検索結果に露出させることは比較的簡単である反面、企業の売り込みと自慢話を検索結果を上位表示させることはそう簡単ではありません。

なぜなら、検索エンジン(Google)は検索結果において、明確に「お役立ち情報」を上位表示させることを優先しているからです。

SEOのベストプラクティスを解説するGoogleの品質に関するガイドラインに、次のような文があります。

情報が豊富で便利なサイトを作成し、コンテンツをわかりやすく正確に記述します。

この一文に注目してください。

  • 情報が豊富で便利なサイト
  • コンテンツをわかりやすく正確に記述

これらは、企業の売り込みや自慢話のページに必要なものとは大きく異なります。

企業の売り込みや自慢話のページに求められることは、商品やサービスを魅力的に紹介し、訪問者を高い確度でコンバージョンに導くことです。

そこに必要なのは、購入することで得られるメリットであり、魅力的なオファーであり、強力なクロージングであり、それらをスムーズに展開する洗練されたシナリオです。

A/Bテストなど、厳しいテストを経て徹底的に最適化された企業の売り込みページのよい見本は、健康食品や通販型保険の広告に設定されているランディングページで見ることができます。

例:

これらのページは確かに、売り込みページとしては非常に機能的です。

でも、役立つ情報には乏しく、

情報が豊富で便利なサイトを作成し、コンテンツをわかりやすく正確に記述します。

というGoogleが掲げるコンテンツ品質の要件を満たしていません。

つまり、売り込みを強化すればするほど、自然検索の結果では、上位表示しにくいものになっていってしまうということです。

だからといってそのデメリットを避けようとして、売り込みページに「お役立ち情報」や「客観的に正確な情報」を追加してしまえば、売り込みページの本来の目的であるコンバージョンの獲得に向けたセールスシナリオが弱くなる危険性があります。

したがって、下記のように、ページごとに機能や役割を明確にする必要があります。

  • 売り込みページはコンバージョンの獲得のために徹底的に最適化する
  • コンテンツページでは、自然検索での露出拡大のために情報を充実させる
  • 売り込みページとコンテンツページ、それぞれ、ページごとの役割を明確にし、どっちつかずの中途半端な内容にしない

優先順位としてはまずは、すぐに結果を出しやすいコンテンツの露出拡大に注力します。それから、売り込みページへの誘導を広告とサイト内の動線によって行います。

つまり、何はともあれ、コンテンツ作りに注力しなければ、真のSEO対策は始まらないのです。

なお、これは推測ですが、Googleが売り込みページを検索結果の上位表示させないことには、明確な理由があると言われています。

Googleの大きな収益源として、GoogleAdwordsという検索連動型広告があります。

そして、検索連動型広告の中心は、個人や企業の「売り込みページ」の有料での露出にあります。

したがって、Googleが自然検索結果に売り込みページではなく、コンテンツページを優先する理由と動機は、Googleの大きな収益源として機能している検索連動型広告を守るためではないかというのが、多くのSEO専門家の見方になっています。

SEO対策は中長期的な施策に集中することが重要

繰り返しになりますが、売り込みページを検索エンジン上で上位表示させることは非常に難しいです。

しかし、その事実を知らずに、売り込みページを一生懸命になって、SEO対策しようとしている企業が多いのが実情です。

ひどい場合には、SEOの専門家を名乗る業者が、売り込みページのSEO対策を、何も知らない企業担当者に向かって真剣に行っているという笑えない話も珍しくありません。

でも、こうした涙ぐましい努力は報われにくいばかりでなく、ある時にたまたまうまくいっても、検索エンジンのアルゴリズムのちょっとしたアップデートによって、簡単に無駄になってしまう可能性があることに注意が必要です。

SEO対策には、時間と労力が必要になります。

せっかく、あなたの貴重な時間や労力を割くのですから、一瞬で終わってしまう短い施策ではなく、長期間にわたって価値が持続し、将来に向けた投資となるような施策を実行していきましょう。

そして、将来に向けた投資になる施策とはつまり、コンテンツの追加や更新なのです。

具体的に、あなたがSEO対策でやるべき施策は、下記になります。

  • コンテンツの一つ一つをブログ記事形式で、資産として蓄積すること(早急な結果を求めない)
  • TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアにコンテンツを拡散し、新規客とリピート客を引き寄せること
  • 有益なサイトとしての信用と信頼を獲得し、引用や参照を通して、自然な外部リンクを獲得すること
  • コンテンツの提供を通して、検索者との出会いの機会を増やす
  • 検索者にとっての情報源としての専門性を高め、信用と信頼を獲得する

コンテンツをコツコツとして追加することができれば、目に見える結果をすぐに出すことができます。

アクセス解析を見れば一目瞭然ですが、コンテンツを追加した分だけ、あなたのサイトへの入り口となるページが増え、確実にアクセスは増加していきます。その一歩一歩は小さくとも、その小さな日々の積み重ねこそが、将来の大きな埋めることのできないほどの圧倒的な差となるのです。

一度ついたその差は、金の力では解決することはできませんし、一朝一夕に詰められるものではありません。

つまり、中長期的なSEO対策は、ライバルとの間に大きな参入障壁を築くことができる最高の対策なのです。

だからこそ、SEO対策はやる価値があるのです。

こうした地道な取り組みを通じて、あなたのドメインやサイトが検索者やGoogleから受け取る評価は、あなたが投入した時間や労力に比例して着実に蓄積し、ライバルよりも先に取り組めば取り組むほど、有利になっていきます。

小さくとも、そうして評価を着実に獲得していけば、その結果として、検索結果に売り込みページが上位表示される可能性が高まります。

そのためには、まずは、あなたのドメインやサイトの評価を検索者と検索エンジンユーザーから獲得しなければなりません。

あなたのドメインやサイトには、その評価に値するだけのコンテンツがありますか?

コンテンツの蓄積もなく、検索者やGoogleからも評価もされていないドメインやサイトにおいて、あなたの都合を優先した「売り込みページ」を自然検索の結果に上位表示させるのは難しいものです。

売り込みページの改善・調整にばかり時間と労力とお金をかけるのは、明らかな間違いです。

なぜなら、多くの場合、一番の問題は売り込みページではなく、あなたのドメインやサイト上のコンテンツ量やその質の低さにあるからです。

あなたは、売り込みページやトップページの改善・調整にばかり、注力しすぎていないですか?

また、コンテンツの量や質が不十分なために、検索者とGoogleから評価が得られていないのではないですか?

もし、あなたが「SEOは難しい」と感じるのであれば、上記の二点をよくよく考えてみてください。

あなたが売り込みページやトップページの改善・調整にばかり注力しているなら、それは自ら進んで、困難な道を選んでいるようなもので、結果が出にくいのも当然です。

SEO対策をずっと簡単なものにするためにも、これからは、検索者と検索エンジンを喜ばせるような良質なコンテンツ作りに注力していきましょう。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!