【ヘッドラインの研究】あなたには自分を大富豪に導く何かがありますか?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

セールスレターのヘッドラインはセールスレター全体の「ビッグ・アイディア」です。

つまり、ヘッドライン=ビッグアイディアは「見込み客を惹きつけ、商品・サービスの購買へと自然と行動へと向かわせてしまうほどの強力なアイディア」を表現する部分であり、セールスレターの中では「最も重要な要素」です。

ヘッドラインが変わっただけで反応率が2倍、3倍も変わることも珍しくありません。ですので、ヘッドラインを深く研究することには意味がありますよね?

そこで今回は、このヘッドラインを研究していきたいと思います。

今回のヘッドラインはこれ!

「あなたには自分を大富豪に導く何かがありますか? 」

<ヘッドラインの解説>

このヘッドラインのダーゲットは誰か?

このヘッドラインのターゲットは、いつか大富豪になりたいと思っている人、お金儲けに興味がある人ですね。

このヘッドラインのビッグアイディアは何か?

このヘッドラインは「このまま読み進めれば、自分を大富豪に導く何かが得られる」ということをほのめかしています。

このヘッドラインが上手いのは、

「あなたには自分を大富豪に導く何かがありますか? 」

と見込み客に質問しているところにあります。

人は的確な質問をされると自然と「質問に対する答え」を考えてしまうものです。

つまり、ヘッドラインで質問することで見込み客を巻き込み、自然に本文へと誘導しているのです。

このヘッドラインが訴求している感情は何か?

このヘッドラインが訴求している感情は「欲」です。

誰もが一度は、値札を気にせずに買い物をしたいと思ったことはあるのではないでしょうか?

そして、大富豪という人種はそんなことができる人たちとして、私たちの頭の中にはイメージがあります。

「あなたには自分を大富豪に導く何かがありますか? 」

このヘッドラインは、この先の文章を読めば、自分を大富豪に導く「何か」を手に入れることができるかもしれないという好奇心も掻き立てています。

まとめ

文章の構成として、「あなたには○○がありますか?」という問いかけは読者を巻き込むには非常に便利な言い回しです。

ぜひ、どんどんセールスコピーを書いて、自分のものにしていきましょう。

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら



【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

もっと稼ぎたいけど、どうしたらいいか分からないサラリーマンへ

サラリーマンを続けながら「ウェブ・セールスライター」として活動している凡人の男が「副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法」を教えます。



副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法


こんな少ない稼ぎで、生活するのはもうウンザリでした。


それから、この先「私が昇進・昇格して給料が上がる見込み」も「会社の業績が上向く見込み」も薄いことはハッキリと分かっていました。


また、それ以上に、会社の言うままに「これで本当にいいのだろうか・・・」と疑いを持ちながら仕事をするのが耐えきれませんでした(もっと私には可能性があるはず。何かに挑戦したい!)


だから私は、このビジネスを始めたのです、、、