Arcaion / Pixabay

世間には、楽に、簡単に、努力なく・・・みたいなノウハウが溢れていますよね?

僕も恥ずかしいですが、そういったものに飛びついて、何度も失敗したことがあります・・・。

そして、常にこう思うんです。

「結局、自分自身の力でなんとかしようとしないと、物事は絶対に前に進まないんだよな・・・」

楽して成功はあり得ない

「楽に、簡単に、努力なく・・・」

僕の経験上、これは商品・サービスを買わせようとするための常套句です。

人は弱い生き物なので、ピンチの時や悩んでいる時は何かにすがりたいと本能的に思うものです。

良い悪いではなく、そういうものなんです。

でも、厳しい現実を突きつけるようですが、あなた自身に降りかかった問題はあなた自身で解決しなければなりません。

あなた以外の他人はあなたを励ましたり、アドバイスしたりするぐらいはできるかもしれませんが、最後の最後はやはり、あなた自身が責任を引き受けて、自分で問題を解決しなければなりません。

あなたは、人のせいにすることもできます。責任を人に擦りつけることもできます。なんなら、裁判だって起こすことができます。僕たちが生きるこの社会では、権利として許されてますから・・・。

でも、そうすることが、あなたに問題解決能力を与えるのではありません。

本物の問題解決能力を身につける方法

あなたは、人に責任を転嫁する。または、擦りつけることで、一時的には気持ちが楽になるかもしれません。

「自分は悪くない」

人はそう言い聞かせることで、一時的に精神的な重荷から解放されます。

でも、そうすることでは決して、問題解決能力は身につくことはないのです。

問題解決能力はいつだって、自らの責任として物事を引き受けて、自らの力で問題を解決しようとする「主体的な姿勢」と「行動」から育まれるのです。

逆に言うと、それ以外の何かが、あなたを自動で成功させることはありません。

もし、あったとしても、それはラッキーな出来事であって、長続きするものではありません。

なぜなら、それはあなた自身の力で勝ち取ったものではないからです。

人生はテスト

もし、あなたがセールスライターとして、自立して仕事をしていきたいのなら・・・。

もし、人のせい、環境のせいばかりにしているけど、本当は自分自身が責任が責任を引き受けることから逃げていると気付いているのなら・・・。

もし、あなたが起業家として自立して仕事をしていきたいのなら・・・。

責任を自らの問題として、引き受けていきましょう。

責任を放棄したり無視したりする行為は、あなたの出番を奪います。

起業家でも、サラリーマンでも何でも、表面的なカタチではなく、大切なことは、あなたが自立をして仕事をしているかどうかという一点にあるのです。

起業家として仕事をしている人でもたまに、リスクを引き受けたくない、すべてを成果報酬でやろうとする人がいますが、そうした甘い考え方を持っているから、いつまで経っても先に進むことができないのです。

起業家は自立した存在です。そして、稼ぎ続けるという行為は、「自立」という土台があって、初めて成り立つものなのです。

だから、起業家が「相手に依存する」、「リスクを一切負わない」という考え方を持つことは、大いなる矛盾なのです。

まとめ

あなたに仕事が回ってこないのは、または、回ってきたとしても大した仕事が回って来ないのは、あなたが自分の出番を作るための行動をしていないからです。

出番は、能力が高いだけの人ではなく、行動し続ける人、試行錯誤をする覚悟を持っている人の元に訪れます。

成功者は、目的や目標を達成させるためなら何でもやる覚悟を持っています。

一度で上手くいくことらなんて、世の中、そうそうありません。

マーケティングと同じで、成功は常に、粘り強い現場でのテスト、試行錯誤から生まれてくるものなのです。

一見、無駄なことややりたくないものでも、まずは自分自身でやってみて、その結果を自ら試そうとするのです。

まとめ

いつもピンチになったら、助けに来てくれるスーパーヒーローのように、責任を引き受けて、問題解決能力を磨いていきましょう。

おすすめの記事