セールスライターが越えなければならない「読み手の3つの壁」とは?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

セールスライターが越えなければならない「読み手の3つの壁」とは?

From:HIRO

セールスライターには、越えなければならない「読み手の3つの壁」があります。

それは、

1、読まれない(Not Read)

2、信用されない(Not Believe)

3、行動しない(Not Act)

この3つのことです。

これは、3つの「NOT」とも言われています。

ちょっとだけ、想像してみてください。

あなたの読み手(ターゲット)は、今日もオフィスで忙しく仕事をしています。

今、この瞬間、同僚と何か重要なことを話し合っているようです。

そこに、あなたがいきなり割り込んできて、

「今、お時間よろしいですか?あなたにとってお得な情報があります。実は・・・」

と突然話しかけたとしたら、読み手はどう思うでしょうか?

「迷惑だな・・・」

普通、そう思いますよね。間違っても、

「お得な情報?何々?」

とはならないですよね。

見込み客は忙しい。勝負は一瞬

セールスレターの究極の役割とは、読み手の状況に合わせて、読み手の注意を引き、自分の言っていることを信じてもらい、そして、自分が望むように読み手に行動してもらうことにあります。

しかし、現実的には読み手、ひとりひとりに直接話しかけることは不可能ですから、あなたはDMなどの紙媒体やインターネット、そしてメルマガなどの電子媒体を使って、読み手にメッセージを届けることになります。

だから、勝負は一瞬です。

あなたの仕事はその一瞬で、この3つの壁を越えなければならないのです。

だからこそ常に、この3つの壁を越えるための3つの質問を常に自分自身に問いかけていきましょう。

  1. 読まれない(Not Read)→どうすれば、読んでもらえるのか?
  2. 信用されない(Not Believe)→どうすれば、信用してもらえるのか?
  3. 行動しない(Not Act)→どうすれば、先延ばしにせず、今すぐに行動してもらえるのか?

まとめ

セールスライターの究極の仕事とは、売るためのすべての文章を書くことです。

セールスライターの仕事とは、あらかじめ設定した読み手(ターゲット)に対して、文章や音声、そして動画などでメッセージを伝え、こちらが意図する通りに読み手に行動してもらうことにあるのです。

だからこそ、読み手の立場に立って、読み手の気持ちに立って、

1、読まれない(Not Read)→どうすれば、読んでもらえるのか?

2、信用されない(Not Believe)→どうすれば、信用してもらえるのか?

3、行動しない(Not Act)→どうすれば、先延ばしにせず、今すぐに行動してもらえるのか?

を真剣に考えていきましょう。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら