セールスライティングの上達に必要な「2つのこと」とは?

ejlindstrom / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

From:HIRO

もし、あなたが高収入を稼ぎ続けるセールスライターを本気で目指すのなら、覚えておいて欲しいことがあります。

それは継続的に、勉強をする習慣をつける必要があるということです。

勉強は習慣にしてしまえば簡単

これは僕の例ですが、僕は5年ぐらい朝の5時起きの習慣を続けています。

そして、どんなに忙しくても、いきなり仕掛中のプロジェクトに手をつけることはせずに、1日の最初は必ず、セールスライティングに関する勉強をするようにしています。

そのおかげかどうかは分かりませんが、僕はお客さんから「変態的な知識ですね!」とよく言われます(多分、褒め言葉だと思いますが・・・)

でも、勉強も習慣にしてしまえば、特に苦痛もありませんし食事の後に歯を磨くように、毎日、決まった時間に勉強することが当たり前になるから不思議です。

勉強は「仕事のレベル」を変える

なぜ、僕が1日の最初に、仕掛中の仕事にすぐに手をつけようとしないかというと、それをしてしまうといつまでたっても「仕事のレベル」が変わらないからです。

「仕事のレベル」を変えるとは例えば、1週間かかっていたセールスレター制作をスワイプファイル(過去にうまくいったセールスレターの型)を手に入れて勉強することによって、たったの2時間で書けるようにすることです。

あなたも苦労してエクセルで資料を作った後に、エクセルの出来る人に仕事を見せたら、ある関数を使えば1/10の時間と労力でできたのに・・・、という経験をしたことはありませんか?

つまり、毎日、「仕事のレベル」を一段レベルアップさせることに時間を投資し続けることによって、人よりも何倍も仕事の生産性を上げることが出来るような習慣が身につくのです。

しかも、それはやればやるほど、歯を磨くことのように簡単になっていきます。

セールスライターが「仕事のレベル」を上げるのに、集中すべき2つの領域とは?

では、具体的に、どんな勉強をすればいいのか?

この2つの領域に絞って、勉強するようにしてください。

  1. 優れたセールスレターのサンプルを書き写す
  2. 人間心理について勉強し、自分なりに使えるようにして、ストックしておくこと

優れたセールスレターのサンプルを書き写す

プロのセールスライターはゼロからセールスレターを書くことはありません。

プロのセールスライターは過去に効果が実証済の優れたセールスレターのサンプル(スワイプファイル)を使って、セールスレターを短時間で書き上げていきます。

ですので、あなたも彼ら彼女らのやり方に習ってみてください。

具体的にはスワイプファイルを手に入れて、それをA4のノートでも、パソコンのアプリケーションソフトでもいいので、書き写してみてください。

それをするとただ、セールスレターを読んでいるだけでは決して理解することができない文章の構造、流れ、リズムを体感することができ、自然とセールスレターを書くスキルが上がっていくのです。

人間心理について勉強し、自分なりに使えるようにして、ストックしておくこと

セールスライターの仕事は、文章を書くことによって商品・サービスを人に売ることです。

それであるならば、自分も含めた人間心理を普通の人よりも深く理解する必要があります。

例えば、こんな質問に、あなたは即座に答えることができますか?

  • どうすれば、忙しい見込み客の注目・関心を集めることができるのか?
  • どうすれば、疑い深い見込み客の信用・信頼を勝ち取ることができるのか?
  • どうすれば、怠惰な見込み客を今すぐに、行動させることができるのか?

セールスライティングとは単に、きれいで分かりやすい文章を書くことを学ぶのではありません。

セールスライターが他の普通のライターと明らかに違うのは、人間の購買心理を常に研究し、観察し、即座に見破ることができるように訓練されていることにあります。

だから、人間心理について学び続けることを習慣にしてしまえば、自然と見込み客の心に響く商品・サービスのベネフィットを発見できるようになります。また、それだけでなく、見込み客と商品・サービスを確実につなぐためのスワイプファイルを使いこなすことができるようになるのです。

まとめ

セールスライティングで学ぶことの中核は、

  1. 優れたセールスレターのサンプルを書き写す
  2. 人間心理について勉強し、自分なりに使えるようにして、ストックしておくこと

これこそが、セールスライターがどんな分野でも、反応率の高いセールスレターが書ける理由です。

基本的に、セールスライターには普通の専門ライターのように、書ける分野が限定されているわけではありません。

優れたセールスレターのサンプルを使いこなすことができ、人間心理に習熟したセールスライターであれば、しっかりと商品・サービス、見込み客、そして、マーケット(市場)のことをリサーチしさえすれば、反応率の高いセールスレターを書き上げることができるのです。

追伸

優れたセールスレターのサンプル集(スワイプファイル)と人間心理を体系的に学ぶのなら、これを試してみてください。

↓↓↓

マグネティック・セールスライティング「説得力と影響力のある文章の書き方」完全マニュアル

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!