マーケティングは、この「2つのこと」をやれば十分です。

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

From:HIRO

なぜ、ビジネスには、マーケティングが必要なのでしょうか?

あなたはこのことについて、真剣に考えたことがありますか?

マーケティングの目的とは何か?

端的に言うと、マーケティングをする目的は、

「需要に対して、供給を少なくすること」

です。

重要なことなのでもう一度、言いますね。

あなたがマーケティングをする最大の目的とは、「需要に対して、供給を少なくすること」です。

なぜなら、あなたが必要とするクライアントの人数よりも、はるかに多いクライアントがあなたを必要としていれば、あなたは集客する必要がないからです。

マーケティングの目標とは何か?

そして、マーケティングの目標は、もうこれ以上、集客をする必要がない状態になることです。

では、どうすれば、そんな状態にすることができるのでしょうか?

世の中には星の数ほどのノウハウがありますが、根本的な解決策は、この「たった2つ」しかありません。

クライアントにとって、価値ある存在になる

それは、あなたがクライアントにとって、価値ある存在になることです。そして、その価値をクライアントに伝え、受け入れてもらうことにあります。

  1. 価値を創ること
  2. 価値を伝えること

このたった2つのことをどこまでも深く、徹底的にやり続けることができれば、あなたは集客で夜も眠れないほど悩んだり、困ることはなくなるでしょう。

マーケティングと聞くと、なんだか難しい感じがしますが、

「価値を創ること」、そして「価値を伝えること」

このシンプルなことをしっかりとやりさえすれば、そんなにたくさんのことをする必要はないのです。

ホームページ、ブログ、フェイスブック、ツイッターなどはすべて「価値を伝えるための手段」です。

だから、マーケティングとは、それらをやることではありません。

繰り返しで、しつこいようですが、マーケティングとは、

「価値を創り、伝えること」

なのです。

ぜひ、一生懸命、ノウハウを追いかけたり「買ってください」とお客さんにお願いするのではなく「価値を創り、その価値を伝えること」に集中することに、あなたの貴重な時間を使ってください。

お金はなくなっても増やすことができますが、失った時間は二度と戻っては来ないのだから。

追伸

セールスライティングは、マーケティングを動かすためのエンジンです。

マーケティングとセールスライティングの基本は、この本ですべて学べます。
↓↓↓
ウェブセールスライティング習得ハンドブック

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)