セールスライター(コピーライター)として「書くこと」を習慣にするための2つの方法

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

From;HIRO

セールスライター(コピーライター)として、力をつけるためには、とにかく、書くことを習慣にすることが必要不可欠です。

書くことは筋トレと似ています。やれば確実に結果が出るものです。

でも・・・。

頭では分かっちゃいるけど、できないんだよ!

でも、これを言葉で言うことは簡単ですが、実際に自分の日々の生活の中に「書くこと」を根付かせることは、想像以上に大変です。

僕はサラリーマンをやりながら、セールスライターをやっているので、この大変さはよく理解しているつもりです。

 

日中は会社の仕事で大忙し・・・。

夜はヘトヘト・・・。

朝はもう少し寝ていたい・・・。

 

「何かを書く時間なんてないじゃないか!!!」

 

あなたが、こんなふうに思ってしまうのも無理はありません。

あなたもきっと僕と同じように、忙しい毎日を過ごしていると思います。

とてもじゃないけど、書く時間なんか確保できないと思ってしまう気持ちも理解できます

セールスライター(コピーライター)としての力をつけたいなら・・・「それでも、書きなさい!」

それでも、本気でセールスライター(コピーライター)になりたいと思うのなら、あなたは強制的にでも時間を確保して、書かなければなりません。

疲れていようが、眠かろうが、見たいテレビがあろうが、飲み会に誘われようが・・・そんなものは一切、自分に対する言い訳にしてはダメです。

断言しますが、自ら何かを書かない限り、高い報酬をもらえるプロのセールスライターになることは、できません。

厳しいようですが、まずは、その覚悟を持って下さい。

人と同じように、自分自身の欲や怠惰に負けていたら、人並みで終わります。

そして、お客さんにとっては、あなたが人と同じであればわざわざ、あなたにお金を払って、仕事を頼む意味も価値もありません。

だから、あなたが本業で稼げるセールスライター(コピーライター)になりたいと心から願うのなら、あなたが今、どんな環境に置かれていようが、書かなければなりません。

書く習慣を身につけるための方法

さて、精神論はここまでにして、書くことを習慣にするための具体的な方法を2つ紹介します。

1.朝一番、さわやかな気分の時に書こう

「いつ書くのか?」は、とても重要です。

なぜなら、僕たち人間はロボットのように一定のリズムで動いているのではなく、不定期なバイオリズムで動いているからです。

例えば、仕事で疲れて、ヘトヘトな状態で書くのと、朝早く起きて、新鮮な脳の状態で書くのとでは、生産性が10倍違います(本当に10倍なのかはあくまでも感覚値ですが、僕は朝の方が断然、発想が豊かになりますし、パソコンを叩く指も滑らかです)

書く習慣を身につけるためには、自分の元気が一番出る時に書くことが最も効果的かつ、効率的な方法です。

人によって、いつ元気が出るのかは、それぞれですが、多くの人は朝が一番元気があり、夜に近づくごとに、元気がなくなっていきます。

したがって、世の中の多くの成功者は、朝に最も重要な仕事を行う習慣を身につけています。

朝の時間を過少評価してはいけません。

朝の時間を有効活用することは、誰もに等しく与えられている時間の密度と効率を何十倍にも高めてくれるのです。

2.たくさん書こうとせず、書く回数を増やそう

週にたった1回しかしないことは、習慣とは呼べません。それは、義務になります。

したがって、一度にたくさん書こうとせず毎日、欠かさずに何かを書く習慣を身につけましょう。

自分をごまかしてはいけません。週に1回しかしないことは、やめてしまうのも時間の問題なのですから。

「千里の道も一歩」からって、言うじゃないですか?

毎日書くことで得られるメリットは、書いている途中で様々な発見をすることができることにあります。

例えば、嫌な上司がいて、彼のことについて書いているうちに気がついてみたら「彼は自分のためを思って、心を鬼にして、怒ってくれてたんだな」と気づくこともあります。

このように、書くことは、物事の本質を理解するための最高の方法なのです。

頭で漠然と考えていることを文字にした時、物事をよく理解できるだけでなく、その言葉が使者となって、他の誰かにも伝えることができます。それこそが「書くこと」の素晴らしさです。

まとめ

「書くこと」を習慣にすることは、物事の本質をよく理解できるだけでなく、他人に自分の持っている知識や情報、そして考え方を伝えるための最高の方法です。

歴史を振り返れば、この「書くこと」によって先祖代々、生きる上で不可欠な知識や知恵が後世に伝えられてきているのです。

「書くこと」は決して、楽なことではありません。

でも、「書くこと」を習慣にする方法は存在します。

「書くこと」を習慣にするための具体的な方法とは、

1.朝一番、さわやかな気分の時に書くこと

それから、

2.たくさん書こうとせず、書く回数を増やすこと

にあります。

あなたもぜひ、明日の朝から実行してみて下さい。

最初はきついかもしれませんが慣れてくると、書かない日があると逆に、気分が悪くなるようになります。

こうなったらしめたものです。

その時こそ、あなたが最高の成功習慣を手にした時です。

あなたのセールスライター(コピーライター)としての挑戦を応援しています!

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら