セールスライターに不必要な「5つのもの」とは?

johnhain / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

From:HIRO

セールスライターに不必要な「5つのもの」とは?

今回はセールスライターに「必要なもの」ではなく逆に「不必要なもの」という視点から考えてみたいと思います。

この記事を読み終えたとき、あなたはきっと、驚くほど簡単にセールスライターとして起業して、夢や妄想でしかなかった年収1000万円越えが、いかに実現可能なことであるのかを知ることができるでしょう。

そうです。あなたにもできる可能性があるのです。

しかも、それは、会社を辞めるというリスクを犯す必要がなく、明日からすぐに取り組める内容です。

ぜひ、楽しみながら、この先を読み進めてもらえたら、嬉しく思います。

セールスライターに不必要なもの1:たくさんの資金

飲食店を始めるには土地やお店、食材の仕入れなど、たくさんの資金が必要ですよね?

では、セールスライターはどうでしょうか?

セールスライターとして起業するには、インターネットにつながるパソコン一台があれば、他には何も必要ではありません。

セールスライター起業の初期投資で必要となるのは、ほとんど、あなたの「時間」と「労力」だけです。

起業当初に使う「時間」と「労力」は例えば、

自分の集客ブログ上に定期的に記事を更新し続けること(この作業、習慣の目的は、ライティングの修行。それから、自分の集客メディアをコツコツと育てることです)

それから、お客さんを獲得することです。

お客さんを獲得することは決して難しいことではありませんが、行動しなければ何も起こりませんので、ここはかなり頑張る必要があります。

でも一旦、固定客を見つけしまえば、常に新規客を見つける必要がないこともセールスライターの仕事の魅力の一つです。

例えば、月額15万の契約の会社が3社あれば、売り上げは月額45万円になります。しかも、セールスライターには仕入れがないので、ほぼ100%が利益です。この計算の場合、年収は540万円ほどになりますよね?

しかも、一生懸命になって、お客さんに貢献できれば、報酬額を月額30万円にアップすることが十分に可能なので、月額30万円で契約している会社が3社あれば、売り上げは月額90万円。年収は1080万円になります。

しかも、それだけではありません。

この頃には、あなたは成果の出せるセールスライターとして信頼を得ている状態だと思うので、紹介での仕事も勝手に増える可能性があります。

また、コツコツと毎日、記事をアップし続けたあなたの集客ブログが成長して、集客ブログ経由で新しい見込み客が自然に入って来るようにもなります。

セールスライターvs他のビジネス

一般のビジネスは、利益率はそんなに高くありませんよね?また、常に新しい見込みを獲得し続けなければなりません。

一方で、セールスライティング術を一旦修得すれば、自分を売り込むための資金もあまり

かかりません。

それに対して、優れたセールスライター、つまり、継続的に利益をもたらすことができるライターは常に引っ張りだこなので、自分の好きなだけの報酬を要求できます。

例えば、セールスライターに毎月30万円投資して、毎月100万円の利益が見込めるのに、他の集客の専門家が月額20万円で安いからといって、リターンが未知数の別の専門家に乗り換えようとはしませんよね?

セールスライターとして、名前が売れるようになれば仕事には事欠かず、むしろ、相手のほうがあなたを追いかけてくるようになるでしょう。

セールスライターに不必要なもの2:専門資格

セールスライターになるためには例えば、弁護士資格のように、たくさんの時間と労力とお金を注ぎ込むことは一切、必要ありません。

セールスライターに仕事を依頼するお客さんにとっては、あなたがどんな資格を持っていようが、それはどうでもいいことです。

お客さんにとって、最も大事なことは、セールスライターが売り上げや利益をもたらすセールスレターをしっかりと書いてくれるかどうかです。

つまり、あなたが何の資格を持っているか、いないかはお客さんから見れば、関係ないことなのです。

セールスライターに不必要なもの3:文章力

セールスライターは文章を書きます。

だからといって、プロ並みの文章力が必要なわけではありません。

正しい文法も必ずしも必要ではありません。

セールスライターにとって最も必要なものは、商品・サービスを販売するための知識・スキルです。

なので、セールスライターに必要なことは、あなたのビジネスにおける見込み客が普段から使っている言葉、普段から考えていること、感じていることを知り、彼ら彼女らを動かしている根源的な人間心理を把握することです。

相手を知れば知るほど、あなたは反応率が高いセールスレターを書ける確率が上がるのです。

セールスライターに不必要なもの4:高いパソコンスキル

パソコンは必ず必要です。

でも、高度なパソコンスキルは必要ありません。

ワードやメール、インターネットを普通に使うことができれば、ライティングの仕事は充分にこなすことができます。

それから、パソコンは高価なものを買う必要はありませんが、パソコンは常に使うものなので、10万円から20万円ぐらいのしっかりとしたものを選びましょう。

パソコンはあなたの相棒となる大切なものです。

セールスライターに不必要なもの:創造性(クリエイティビティ)

セールスライターになるためには、小説家に求められるような創造性(クリエイティビティ)は必要ありません。

むしろ、そのような創造性(クリエイティビティ)はセールスレターの反応率を下げてしまう可能性もあります。

なぜなら、セールスライターがセールスレターを書くときは、リサーチ結果を踏まえて、後は効果実証済みの売れるセールスレターの型を組み合わせて、素早くセールスレターを書くからです。

プロのセールスライターがゼロからセールスレターをゼロから書くことはありません。

セールスライターに必要なスキルは、粘り強く見込み客や商品・サービスを理解しようとするリサーチ能力と人間の普遍的な心理を理解しようとする探究心です。

まとめ

さて、ご覧のように、セールスライターになるためには、たくさんの資金も、専門資格も、文章力も、高いパソコンスキルも、創造性(クリエイティビティ)すらも必要ないのです。

セールスライターに最も必要なものは、物事を面倒くさがらず、ひとつひとつの仕事をやり遂げる粘り強さです。

セールスライターに挑戦するかしないかは、あなた次第です。

もし、あなたが一生消えないスキル、一生稼げるスキル=セールスライティング力を身につけてたいのであれば、一緒に挑戦しましょう。

まだまだ興味は持てないし、自信もまだないというのであれば無理はせずに、セールスライティングを楽しみながら勉強するのもいいと思います。

いずれにしても、セールスライターという職業(キャリア)を選択するということは、あなたの人生を変えるほどのインパクトを持つ意思決定です。

リスクはほとんどありませんのでぜひ、試してみて下さいね。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら