和佐大輔さんを知っていますか?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

こんにちは。ヒロです。

今回は、

「和佐大輔さん」

についてお話します。

あなたは、和佐大輔さんを知っていますか?

今回は、「彼の情報があなたに役立つ」ということについてお話します。

さて、あなたに質問をしておいてなんですが、和佐大輔さんの話に入る前に、ちょっとだけ「前置き」させてください。

僕は意識的に「特定の誰か」を必要以上に褒め称えたり、崇拝したりすることをしないようにしています。

なぜなら、それは僕の心の奥底に存在する「依存心」を引き出してしまうからです。「依存心」はどんな人の心の中にあるものですが、ビジネスの激流の中では、よほど注意をしないと気が付かないうちに「依存心」に心が支配されてしまうことがあります。

「依存心」は確実に「稼ぐ力」をそぎ落とします。

なぜなら、「依存心」は、稼ぎ続ける上で最も重要な「自己責任意識」を弱めてしまうからです。

「この人についていけば大丈夫」という気持ちは、心地よいものですが、非常に危険です。起業家にとっては麻薬のようなものです。

世の中には、必ず「表」と「裏」があるように、そこに生きる人間にも必ず「光」と「影」があります。

どんなに凄いと言われている人でも「熱烈な信者」もいれば「アンチ」も存在します。

僕はよく

「有名な○○さんは信じれる人ですか?」

という質問を受けますが、そんな時、僕は決まってこう答えます。

「信じなくてもいいんじゃないですか。むしろ、利用してやるぐらいの気持ちでいてください。ただ、○○さんの言っている○○はあなたの○○に役立つと思います」

世の中には「教師」という言葉と「反面教師」という言葉があります。

「明確な目的意識」と「健全な危機感」を持った人は、どんな人からも、どんな情報からも学び、活かすことができます。

つまり、それは「あなた次第」ということです。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、和佐大輔さんについてお話したいと思います。

ちなみに、和佐大輔さんはこういう人です。

1988年生まれ。13歳の時に首の骨を圧迫骨折し、頸椎損傷という障害を負い体の70%が麻痺の状態になる。17歳でネットビジネスに目をつけ起業。初年度から1億円を稼ぎ、業績は常に右肩上がり。現在はネットビジネスの他、コンサルティングなども行っている。

12歳・テトラポッドに激突、首から下の運動機能をすべて失う。17歳・机上のパソコン上で起業、くわえたわりばし一本で年商1億円を達成。25歳の現在、伝説のブロガー・アフィリエイターとして、ネットビジネスのカリスマと呼ばれる。

– テトラポッドに札束を  幻冬舎 (2013/10/10)和佐 大輔 著 より

正直、僕が彼のような境遇に置かれたら絶望し、自分の境遇を嘆き、彼ほどの「考え方」と「行動力」を発揮できなかったと思います。

僕がコピーライティングを真剣に学び、実践しはじめたのは、和佐大輔さんの音声を聞いたことがきっかけでした(何の音声だったかは忘れてしまいましたが)

その音声を聞いたとき、僕は、

「確かなコピーライティング・スキルを身につけて、売れるセールスレターをたくさん書いて、それをウェブ上でアップすることができれば、稼ぎ続けることができる」

と直感的に感じ、無我夢中で走り続けていたら、本当にその通りになってしまいました。

失礼な話ですが最初、僕は和佐大輔さんが、そんな大変な境遇を持っていたことを知らず、純粋に彼の発信する情報に価値を感じ、彼から学んでいました。

もちろん、僕はずっと彼の情報から学んでいたわけではなく、彼の情報をきっかけにして、本場アメリカのコピーライターやマーケッターの情報からも学んでいましたが先日、久しぶりに彼の情報(音声)を聞き直してみて、ビックリしました。

「彼は稼ぐことの本質、ビジネスの本質を誰よりも深く知っている」

正直、そう思いました。

僕もコピーライティングとマーケティングに関して勉強を続けながら、その勉強以上に、自分のビジネスで実践してきましたが、彼の音声を聞いて「俺は、まだまだだな・・・」と猛反省しました。

今、この和佐大輔さんの「無料の音声」が公開されていますので、ぜひ、あなたも活用してみてください。

↓↓↓

和佐大輔物語・絶望編

和佐大輔物語・希望編

もしかしたらGoogle ChromeやSafariでは文字化けしてしまうかもしれないので、Internet Exploreを使用することをお勧めします。

それから、くれぐれも、どんなに「凄い!」と思っても、特定の人や情報を「崇拝」・「依存」はしないように注意してくださいね。すべては「あなた次第」なんですから。

「出会い」や「情報」はきっかけに過ぎません。

しかし、「出会い」や「情報」こそが、ビジネスを大きく飛躍させる可能性を秘めていることも決して、忘れないで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)