セールスライターとして「儲けられる人」と「儲けられない人」の口癖と行動の「違い」とは?

SONY DSC
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

From:HIRO

最近、セールスライターとして現場でセールスライティング、インターネットマーケティングの仕事をしていて、つくづく実感することがあったので絶対に忘れないように、また、自分への戒めも込めて、

セールスライターとして「儲けられる人」と「儲けられない人」の口癖と行動の「違い」とは?

というテーマについて、考えてみたいと思います。

ビジネスを行う以上、誰だって、たくさん儲けたいと思うはずですよね?

でも、その思いとは裏腹に、たくさん儲けられる人や組織というのは一部に限られているのは一体、なぜなのでしょうか?

「儲けられる人」と「儲けられない人」、

この2つの道を分けるものは、一体なんなのでしょうか?

「儲けられない人」の口癖と行動の特徴

これは、あくまでの僕の人間観察をした上でのことですが、「儲けられない人」に共通して見られる特徴は、言い訳が多いということがあります。

例えば、こんなような言い訳をする人たちは、はっきり言って全然、ダメです。お客さんであろうと同僚、パートナーであろうと、成果を出すことはできません。

  • 電車が遅れたので遅刻した・・・
  • 面接の時間に来られなかったのは急遽、仕事でトラブルが発生したから・・・
  • 急に腹痛と吐き気がして、商談時間に間に合わなかった・・・
  • やろうと思ったけど、忙しくて時間がない・・・
  • このビデオ教材は長いので見る気がしない。もっと短くまとめられない・・・
  • 相手と合わなかったので、商談を成立させることができなかった・・・
  • 相手のレベルが低かったので、商談を成立させることができなかった・・・
  • 上司がバカだから、自分は給料が低いままだ・・・
  • 業界的に不況だから、自分たちの会社も儲かっていないんだ。転職でもしようかな・・・

彼ら、彼女らの言い訳が相手にとって「本当かどうか」なんて、どうでもいいことです。

ただ1つ言えるのは、このような人たちには共通して、現実を変える意欲がないということです。言い訳をするのは個人の勝手です。でも、言い訳をすればするほど、言い訳をする人の出番は確実に減っていくのです。

そして、その当然の結果として「儲かっていない」という現実があるだけなのです。

「儲かっている人」の口癖と行動の特徴とは?

では逆に、「儲かっている人」の口癖と行動の特徴には、どんなものがあるのでしょうか?

例えば、こんな口癖を持っていて、行動をしている人は富を引き寄せやすくなります。

  • 今回、うまくいかなかった原因は、自分のせいだ・・・
  • この業界でうまくいった成功事例を自分の業界・仕事で応用したら、どうすればいいのだろうか・・・
  • (自分のせいではない期待外れの出来事が起きても)もっと自分が準備していれば、この事態は未然に防げたはずだ・・・
  • もっと相手にとって、分かりやすく説明するにはどうしたらいいのか・・・
  • みんなそう言ってるけど、本当にそうなのだろうか?自分でしっかりと調べて、考えてみよう・・・
  • まずは、すぐに試してみよう・・・
  • この失敗から何が学べるのだろうか・・・
  • 失敗して恥ずかしい。でも、この恥ずかしさから逃げずに、挑戦してやるぞ・・・
  • 自分に任せてください(100%の自信はないけど、必ず成果を出してやる)・・・

彼ら、彼女らの口癖と行動は、失敗だろうが成功だろうが相手の視点から見れば、「この人と付き合っていれば大丈夫」と言う信頼感と安心感を与えてくれます。

富(儲け)は「同情」からではなく「信頼」から作られる

このように「儲かっていない人」の口癖と行動は、相手からの「同情」を引き出します。

一方で、「儲かっている人」の口癖と行動は、相手から「信頼」を引き出します。

いつも成果を出してくれるから、いつも成功しているから、相手の「信頼」が得られるのではありません。

成功しようが失敗しようが、それは大した問題ではありません。

どんな結果が出たとしても、その結果の責任を自ら引き受けて、次につなげるための行動を起こそうとする「あなたの姿勢」、それこそが相手からの「信頼」が得られるかどうかを左右しているのです。

そして、「儲け=富」というものは常に「同情」からではなく「信頼」から生み出されるのです。

あなたの日々の口癖と行動は、「同情」を引き寄せているでしょうか?

それとも、「信頼」を引き寄せているでしょうか?

もし、「同情」しか引き寄せていないのであれば今すぐに、「信頼」を引き寄せる口癖と行動に切り替えていきましょう。

これは、わずかな「違い」ですが日頃、あなたが無意識的にも意識的にも口にしている口癖、そして行動を変えること。たったこれだけのことで、あなたは、あなたの身の回りには無数のチャンスが溢れていることに気がつくことができるでしょう。

これは頭で考えるだけでなく、実際にやってみなければ分かりません。

ぜひ、あなたもやってみてください。

きっと得られる気分、結果が変わることに、あなたは驚くことでしょう。

追伸

今なら、セールスライターを本気で目指すことを決意した人にとっての武器である

『マグネティック・セールスライティング「説得力と影響力のある文章の書き方」完全マニュアル』

の第1章をすべて、試し読みすることができますのでぜひ、読んでみてください。

↓↓↓

追追伸

今、『マグネティック・セールスライティング「説得力と影響力のある文章の書き方」完全マニュアル』をお試ししていただければ「集客ブログ(オウンドメディア)」が無料でもらえます。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら