優れたコンテンツ戦略を作るのに役立つ13の簡単な質問【無料のワークシート付】

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

あなたは顧客や見込み客を追い掛け回すことは好きですか?

きっと、好きではないですよね?

「今、忙しいよ!」

「しつこいんだよ!」

なんと言われてしまったら、心が折れてしまいますよね?

もし、顧客や見込み客を追い掛け回すのを止めて、顧客や見込み客の方からあなたやあなたの会社を発見してくれる方法があれば、どんなに楽になるかを考えたことはないですか?

実は、そんな素晴らしい方法があります。

それは、コンテンツマーケティングです。

今、ビジネスブログを立ち上げて、そこに顧客や見込み客が求めるコンテンツを更新し続けることで、顧客や見込み客を追いかけ回すのではなく、顧客や見込み客の方から、あなたやあなたの会社を見つけてもらうマーケティング戦略である「コンテンツ・マーケティング」を導入する企業が増えています。

【参考記事】

今回は、頭の痛いお客さんを追い回す新規開拓営業、つまり、営業の人海戦術による「アウトバウンドマーケティング」を止める方法をご紹介します。また、あなたが手取り足取り、部下を教育しなくても、「部下が勝手に育っていく仕組み」を作る方法を紹介します。

情報源: 【公開】集客ブログ(オウンドメディア)を使って、1年以内に今よりも働く時間を半分にして、利益を倍以上にする方法 | セールスライターの教科書

コンテンツマーケティングには、戦略が必要だ

ただし、コンテンツといっても、なんでもかんでも、思いつくまま、気の向くままに書けばいいというわけではありません。

何の記事を誰に書くべきかなど、コンテンツマーケティングには明確な戦略が必要です。つまり、パソコンの前に座って文字を打ち始める前に、あなたが向かう方向性を知っておく必要があるのです。

フリーランスで働く個人から中小企業のオーナー、マーケティング担当者に至るまで、オンライン上で働く私たちのほとんどは、意識しているかしないかに関わらず、おそらく、コンテンツ戦略を持っています。

しかし、ただ一つの問題があります。

それが、私たちの頭の中にあるということです。

B2Bの小規模ビジネスのマーケティング担当者の39%のみが、文書化されたコンテンツマーケティング戦略を持っています。残りの人は、話をしたことがあり(47%)、全く戦略を立てていない(12%)、不確かである(1%)という戦略を持っています。

情報源:2015 benchmarks, budgets, and trends study by Content Marketing Institute (CMI) and MarketingProfs.

これは、Content Marketing Institute(CMI)とMarketingProfsによる2015年のベンチマーク、予算、および傾向調査の結果になります。

これから、文書化されていないコンテンツ戦略の背後にある危険性を説明します。

CMI調査結果から、このようなことが分かっています。

  • 文書化された戦略を持っている企業の39%は、言葉だけの戦略を持っているか、まったく戦略を持っていない同様の企業よりも、コンテンツマーケティングのほぼすべての面でよい効果を得ている。
  • 文書化されたコンテンツマーケティング戦略を持つ人の60%は、コンテンツマーケティングでが組織に浸透していると考えています。また、口頭戦略を持つ人の33%だけが同じことを言っています。
  • 文書化された戦略を持っている人の62%は、彼らの戦略が彼らのコンテンツマーケティング活動を緊密にガイドしていると言います。また、口頭の戦略を持つ人の29%だけが同じことを言っています。
  • 文書化された戦略を持つ企業は、口頭の戦略を持つ企業に比べて、ROI(投資対効果)を2倍以上にすることができる可能性があります。

さらに、このような文書化されたコンテンツ戦略の欠如は、別の調査でも、驚くべき結果をもたらしています。Copybloggerの2015年オンラインビジネスコストレポートによると、オンラインビジネスオーナーの51%がオンラインでのビジネス展開に苦労しているという結果が出ています。

だから、あなたがコンテンツ戦略と呼ぶその考えは、あなたがテーブルにお金を残し、効果のないコンテンツを公開し、無意味にあなたの目的地への道を感じるかもしれません。

最適な結果を得るには、明確で集中的なコンテンツ戦略が必要です。

なぜなら、あなたがコンテンツ戦略と呼ぶその考えは、もしかしたら、効果のないコンテンツをオンライン上に公開するだけで、最終的には目的の見えない徒労に終わり、あきらめて、せっかくつくったビジネスブログを放置することにつながる危険性があるからです。

あなたが思い描くような結果を得るには、明確で集中的なコンテンツ戦略が必要不可欠です。

この「13のコンテンツ戦略の質問」に答えてみてください

まず、コンテンツ戦略を持つことにメリットを明確にしましょう。

コンテンツ戦略は、組織(またはプロジェクト)が目的を達成し、ユーザーのニーズを満たすためにコンテンツを「どのように使用するか」を定義してくれるものです。

あなたのコンテンツ戦略は、あなたが明確に見て、言い訳を避け、気晴らしをなくすのに役立ちます。コンテンツ戦略は、あなたに責任を持ってもらうためにそこにあります。

しかし、コンテンツ戦略を作成することは、恐ろしく大規模な事件を解決するように、大変なことではありません。いくつかの質問に答えるだけで、1日以内に最初の草案を作成することができます。

1.あなたの顧客は誰ですか?

あなたが、あなたのコンテンツを届ける人(顧客)を特定し、具体的にしていきましょう。

例えば:

  • 彼女は1日3回、家族に健康的な食事を与えるために一生懸命になって働く母親です。
  • 彼は弁護士になりたい弁護士事務所で働く21才の男性で、社会に貢献することを目指して、必死に勉強に励んでいます。
  • 彼女は退職している。お金をたくさん持っているが、「退屈したくない」と常に嘆いています。

上記のように、あなたは複数のターゲットオーディエンスと話しているかもしれません。それらのすべてを言葉で明確に定義してください。

2.あなたの競争相手は誰ですか?

あなたの直接の競合相手だけでなく、あなたの見込み客をあなたから奪うことができるのは誰かを言葉によって明確に定義しましょう

例えば、Webデザイナーは他のWebデザイナーと競合するだけでなく、デザイナー以外の素人でも、まるで、プロのデザイナーのようなホームページを作ることができてしまう高機能なツールと競合しています。

3.あなたの強みは、なんですか?

最初に、あなたの顧客と競争相手について質問した理由があります。それは、彼らはあなたに市場の形や、その市場にどうやってフィットするかという考えを明確にすることに役立つからです。

あなたの「使命」と「戦略」は時間の経過と共に変わるからです。あなたの人生と同じで、ビジネスも留まることなく、変化することを前提に、常に「使命」と「戦略」を見直していきましょう。

顧客や競合他社について学べば学ぶほど、あなたのビジネスの「使命」と「戦略」は進化させることができます。

質問の例:

  • あなたの強みは、どのように市場に合っていますか?
  • あなたのライバルが、ちょっとやそっとでは真似できないことは何ですか?
  • 顧客の立場から見て、あなたの強みの何がユニークに感じるのですか?

4.顧客のどんな声を聞いていますか?

うまくいけば声。しかしあなたの頭のものではありません。

あなたの顧客や理想的なターゲットオーディエンスからの声を聞いてください。

例:

  • 彼らは何を言っているのですか?
  • 彼らの夢や挑戦に関わる、重要なテーマは何ですか?

これらの声をどこで聞くべきかわからない場合は、Facebook、Google+、Twitterなどのソーシャルメディアサイトに参加することをおススメいたします。

5.あなたはすでに、どのようなコンテンツを持っていますか?

あなたはすでに持っているあなたのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディアのプラットフォーム上にあるコンテンツを再評価する必要があります。

最終的には、将来的に最も有益なコンテンツの種類を決定していきます。

6.あなたのコンテンツの目的は何ですか?

この質問は、おそらく最も重要な質問です。

あなたのコンテンツは販売を促進することを意図していますか?

リード(見込み客)を生成しますか?

権威性を高めますか?

オーガニック(自然)検索トラフィックを増やしますか?

おそらく、個々のコンテンツはそれぞれ異なるタスクを達成します。

例えば、別のブログで書いた記事の目的は、単にあなたのウェブサイトへのトラフィックを増やすことだけかもしれません。

または、あなたのウェブサイト上のページだけでなく、そのゲスト用に特別に設計されたランディングページに訪問してもらい、それらの訪問者を電子メールニュースレターの加入者に変換するためかもしれません。

そして、そのEメールニュースレターは、あなたの読者との関係を強化し、あなたの製品やサービスについて教えることを目的としています。例えば、送信した電子メールの1つが、購読者を商品やサービスを販売するために設計された別のリンク先ページに誘導するために作成される場合があります。

コンテンツの目的を理解することが重要です。

また、各コンテンツの目的は、コンテンツの再評価中に決定することができます。

7.あなたは、どのくらいの頻度でコンテンツを公開すべきですか?

週に一度?

毎日?

これらの質問への答えはあなたの持っているリソース(人、労力、時間、お金)によって決まります。

コンテンツを公開するために、

どのくらい時間が必要ですか?

誰がこのコンテンツのすべてを作成する予定ですか?

8.どうやって、あなたのコンテンツを配布するのですか?

共有されていないコンテンツは無視されるコンテンツです。その内容がどんなに素晴らしいとしてもです

どのソーシャルメディアプラットフォームに焦点を当てますか?

あなたの理想的な読者はどこにいますか?

あなたのコンテンツを誰が共有するのですか?

スケジューリングツールを使用する予定ですか?

9.あなたのコンテンツは、誰が管理していますか?

それはあなたですか?それとも、あなた以外の人でしょうか?

ビジネスオーナーは自分のビジネスに取り組む立場にあるべきである。それ以外の場合は、時間を確保することが困難な場合があります。新しいコンテンツを作成して既存のコンテンツを管理するには、誰かを雇う必要があるかもしれません。

10.誰があなたのコンテンツを制作しますか?

あなたは多くの希望と願望を持っているかもしれません。そして、野心も十分です。でも、私たちは人間は、すべてを自分で行うことはできません。一人の人間では、できることに限りがあります。

誰がリサーチを行うつもりですか?

誰が、内容を書きますか?

だれが、設計しますか?

あなたに協力してくれる人々は、必要な時に、いつでも協力してくれるでしょうか?

11.誰が、コンテンツを維持する予定ですか?

あなたのウェブサイトのコンテンツは庭のようなものです。大切に定期的に、メンテナンスする必要があります。

あなたが公開するすべての新しいブログ記事について、壊れたリンク、古い事実、そして、現在無関係なトピックなどを定期的にチェックするようにしましょう。

誰がこの混乱をきれいにするつもりですか?

その人に役割を与え、スケジュールを作成します。

12.結果の責任者は、誰ですか?

あなたが唯一のコンテンツ制作者であれば、簡単です。あなたがすべての責任を負います。

しかし、あなたが小さなチームを持っている場合は、各人物にコンテンツの一部の領域を担当させてください。

あなたは自分のパフォーマンスを測定する指標を持つことによって、あなたやあなたのチームに動機づけを提供します。

これらの目標は、最終的なものではなく、測定可能で達成可能で、かつ具体的なものであることを確認してください。

言い換えれば、「これを達成しなければ、クビだ」と言ってはいけません。間違いや訂正、成長の余地を許してください。

さらに、コンテンツの領域についても責任を負います。

13.あなたの目的は、何ですか(コア戦略)?

これまでの質問は、すべてこの最終的な質問のためにあります。

これは、あなたが達成する必要があること、この目標を達成するのに役立つコンテンツの種類を決定すること、そして、それを達成するための計画を作成することです。

コア戦略を作成するには、次のガイドラインを使用します。

  • 期待感:あなたにストレッチ、失敗、バックアップ、成長の余地を与える目標を作成します。
  • 柔軟性:徹底した数値管理を行うことなく、環境の変化に応じて調整することができるコア戦略が必要です。
  • 意味:あなたのコア戦略はあなたの価値観に合っていますか?あなたはそれを維持し、長期にわたる課題に耐えることができますか?

ここでは、Web向けコンテンツ戦略の中核戦略の例を示します

ストレスに満ちた法律学生が弁護士の練習に成功するのに役立つ、面白いオンラインリファレンスガイドを作成します。

これは、マーケティングのあらゆるストーリーが必要とする次のような「5つの事柄」に似ています。

  1. 主人公は誰ですか?
  2. 彼、彼女の目標は何ですか?
  3. 彼、彼女が大切にしている価値観は何ですか?
  4. 彼、彼女の葛藤や悩みは何ですか?
  5. そして、あなたはメンターです。

さあ、つぎはあなたの番です!

ドラフトが完了したら、次の仕事は、この「コンテンツマーケティング戦略」をダウンロードし、そこに具体的な言葉を入力していくことです。

それでは早速、始めましょう。

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら