セールスレターの反応率を上げ続けたければ「効果実証済の型」を繰り返し使え!

geralt / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

From:HIRO

セールスライターの落とし穴の一つとして、せっかく効果が上がったセールスレターの型に自分自身が飽きてしまうということがあります。

せっかく効果が上がっているのに、もっといい方法はないかと考えて、別の型を試そうとしてしまうのです。

もちろん、様々な型を試行錯誤して、進化させていこうとすることは大切なことです。

でも、せっかくうまくいったことをやめてしまうことは、セールスレターを書く目的。つまり、商品・サービスを売ることから考えたら、非常にもったいないことです。

巨匠は鉄則を繰り返す。 効果があると分かっている方法は飽きても、嫌になっても、忠実に守れ

ロバート・コリアーやマックスウェル・サックハイムなどのマーケティング、セールスライティングの巨匠と呼ばれている人たちは、これを忠実に守っていました。

彼らは話のポイントをついた話をするのが上手で、効果があるとわかっている5つか6つぐらいの方法を忠実に守っていたのです。

また、彼らは自分自身の型を持っていて、常にその型に忠実に仕事を行っていたのです。

まとめ

大リーグのイチロー選手も日々の練習法、フォーム、そしてウォーミングアップの方法など、決められたルーティーンを行って試合に挑んでいます。

そして、あれほど素晴らしい記録を残してきました。

これは、セールスライターも同じです。

ある程度、経験を積んできたら、自分なりの結果が出るような型というものが見えてきます。

そうしたら、その型にしたがって、仕事を進めるようにしてください。

セールスレターも反応率が上がるまでは改善を繰り返しますが、ある程度満足のいく型がわかってきたら、その先は改善を加えてはいけません。

なぜなら、その改善によって逆に、セールスレターの反応率が落ちてしまう恐れがあるからです。

セールスライターの仕事は、アーティスティック(芸術的)なセールスレターを書くことではありません。

セールスライターの仕事とは、商品・サービスに見込み客の関心を集め、それらを売れるようにするためのセールスレターを書くことにあるのです。

そうであるならば、どんなに自分自身が飽きてしまっても、または、他人から批判をされても、効果が上がると分かっている方法にしたがって、仕事をする勇気を持つべきなのです。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!