インターネットの出現で、セールスライティングはどう変わったのか?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

From:HIRO

セールスライティングは遥か昔から存在する知識・スキル体系です。

そして、今もなお陳腐化することなく、使い続けることができる類い稀な知識・スキルです。

なぜなら、セールスライティングの本質は人間心理に訴えかける知識・スキルだからです。

セールスライティングは不変不朽のスキル

人間性は普遍です。今日と江戸時代の人間性には、根本的にはちっとも変わりはありません。だからこそ、セールスライティングの知識・スキルというものは一度学んだら、後で学び直す必要はなくずっと使えるものなのです。

しかし、近年の大きな社会の変化として、インターネットの出現を無視するわけにはいきません。

インターネットの出現は、セールスライティングのやり方を変えました。

セールスライターとして、しっかりとキャリアを築き上げるためには、このインターネットが及ぼす変化はしっかりと掴んでおく必要がありますので、簡単にまとめて紹介したいと思います。

1.より簡潔さが求められるようになった

インターネットやパソコン、ビデオゲーム、その他の電子媒体の出現により、人の注意を持続させられる時間は確実に短くなっています。

書くことについては、これまでも簡潔であることが良しとされてきましたが、インターネット全盛の今の時代には、それがさらに重要になってきています。

だからといって、長いコピーがダメということではありません。長いコピーでも売れるものは売れますし、短いコピーでも売れないものは売れません。

要するに、セールスコピーは簡潔明瞭に仕上げることを常に意識して書く必要があるということです。もし、その結果として、長いコピーになってしまったら、それはそれでOKです。

2.読み手に関係のある話を書くこと

あなたや私を含めた消費者は今、かつてないほど膨大な量のメッセージや情報に悩まされています。

例えば、メールボックスを開けば、膨大なメールが届いていて、うんざりしてしまった経験は誰しも持っていると思います。

だからこそ、成功するセールスコピー(商品・サービスの販売に成功するセールスコピー)は、読み手が常日頃思っていることを深く理解し、そのニーズや願望、恐れや不満、不安などの感情に触れることで、読み手に関係のある話として書かなければならないのです。

【参考記事】

【絶対に悪用厳禁】セールスライター(コピーライター)が知るべき、人の本能を突き動かす「8つの欲求」とは?

今回は、どんなに理性的な人でも、抵抗することができないぐらい強力な人間が持っている本能に直結した「8つの欲求」について、紹介します。この「8つの欲求」を知ってしまえば、人を騙すことも可能なので、くれぐれも注意して、使って下さい。

3.消費者を欺くような広告は絶対に作らないこと

インターネットの爆発的な普及により、消費者は目が肥えて、誇大広告をすぐに見抜くことができるようになりました。

だからこそ、セールスライターは消費者の知性を正しく認め、見下した物言いをせずに、自分の抱えている問題を解決したり、購入の意思決定をしたりする上で役立つ情報を伝える必要があり、また、消費者もそのような広告を好むようになってきています。

4.入手のスピードと利便性がより求められていること

あなたの見込み客は、かつてないほど、忙しくなり、ゆっくりとした時間が持てなくなっています。だからこそ、彼らはインターネットを使うのであり、情報の入手のスピードが時間の節約につながるため、「入手のスピードと利便性」が今日では、大きなセールスポイントとなります。

5.印刷媒体とオンライン、そしてその両方を組み合わせる知識・スキルが求められること

広告を作ろうとする人たちには今、商品・サービス情報の掲載に関して、印刷媒体とオンライン、そしてその両方の組み合わせという選択肢があります。

そして、プロのセールスライターには、それらを効果的に組み合わせる知識・スキルが求められます。

まとめ

インターネットのおかげもあって消費者は自分が気になっている商品・サービスの情報を素早く簡単に入手できるようになり、価格やサービス内容の比較も比較サイトなどを使って、すぐにできるようになりました。

また、商品やサービスのブランドの選択肢も史上最大を極め、CMやEメール、TwitterやFacebookなどのSNS広告、ポップアップ広告、紙のDMなど、ますます多くの広告メッセージが消費者の関心を引こうとしのぎを削っています。

DMを例にとれば、切手代や印刷代、リスティング代が高騰していく一方で、広告のレスポンス率は下がり続けています。

DMをしっかりとコントロールして高い投資回収率(ROI)を獲得し、その効果を1年、2年、あるいはそれ以上持続させるのは、かつてないほど困難になっています。

つまり、こうした情報洪水の中で見込み客の注意を引き続けなければならないのだから、印刷広告でもオンライン広告でも、相当に作り込んだ広告を出し、目立つようにして見込み客の関心を引きつけなければなりません。

そして、関心を引きつけるのに最も重要なのが、セールスライターが書く強力なセールスコピーなのです。

もちろん、リスト(誰に送るのか)、オファー(見込み客にとって魅力的なもの)もプロモーションを成功させるためには非常に重要な要素です。でも、適切なリストとオファーが見つかれば、その上で、広告のレスポンス率(反応率)を上げるために絶対に加えなければならないエッセンスはやはり、セールスコピーなのです。

ウェブ上でも成功の秘訣はセールスコピーにあります。

つまり、オンラインであろうとオフラインであろうと、セールスコピーこそが全ての中心にあり、王者となるのです。

インターネット全盛時代の今、そしてこれからの時代において、ウェブ上でもセールスコピーを書くことができるセールスライターに対する需要はますます、増えていくことでしょう。しかし、まだまだ反応率の高いコピーが書けるセールスライターが不足しているのが現状です。

セールスライターとしてのキャリアに挑戦するなら今がチャンスです!

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!