なぜ、セールスレターには「ビッグ・アイディア」が必要なのか?

ColiN00B / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

『ビッグアイディアがなければ、あなたの広告は、暗闇に浮かぶ船のようだ』

この言葉は「広告の父」と呼ばれ、「広告産業において、最も信頼される人物の一人」と称された伝説的な広告マンの言葉です。

もし、あなたが自分のビジネスのために、もしくは、大切なクライアントのためにセールスレターを書く必要があるのなら、セールスレターを書き始める前には必ず、ビッグ・アイディアを見つけることを忘れないでください。

このビッグ・アイディアがあるかないかで、あなたの書くセールスレターの反応率は10倍は変わってきますのでぜひ、ビッグ・アイディアを発見することに真剣になってください。

ビッグ・アイディアとは何か?

百聞は一見にしかず。

このヘッドラインをご覧ください。

↓↓↓

あなたはこのヘッドラインを見て、どのように感じたでしょうか?

広告の感じ方は人それぞれですが、恐らく、

「9才と14才の姉妹が、どうやって起業で成功できるの?」

と興味が湧いてきたのではないでしょうか?

でも、このヘッドラインがこのようなものだったら、どうでしょうか?

  • たった7週間で新たな収入源を作る方法
  • 全米トップクラスのお金のエキスパートが明かすお金の秘密とは?
  • 私に7週間ください。あなたのために、新たな収入源を作ってみせます?

こちらも感じ方は人それぞれだと思いますが「このタイプの広告、どこかで見たことがあるな・・・」と思ってしまうのではないでしょうか?

つまり、この例のようにビッグ・アイディアとは、他の無数の広告とは違って、見込み客の興味・関心を引くものである必要があるのです。

なぜ、ビッグ・アイディアは見込み客の興味・関心を引くものである必要があるのか?

なぜなら、世の中には同じような表現の広告が溢れているからです。

そして、どの広告も見込み客にとってのメリットをアピールして、見込み客の興味・関心を引こうと必死です。

でも、必死に見込み客の興味・関心を引こうとすればするほど、みんなと同じか、どこか胡散臭い表現になってしまいがちなのです。

広告は見込み客の興味・関心を引くことができなければ、その時点で失敗です。

なぜなら、広告の中にどんなに良いことが書いてあったとしても、その広告は決して読まれることはないからです。

当然ですが、読まれない広告で商品・サービスを売ることはできませんよね?

まとめ

ビッグ・アイディアを見つけることは決して、簡単なことではありません。

なぜなら、ビッグ・アイディアは、シンプルであり、ユニークであり、具体的であり、信頼性があり、感情に訴えるものであり、そして、ストーリー性があるものである必要があるからです。

でも、安心してください。

もし、あなたが起業家であれば、あなたの商品・サービス、そして、それを使うことになる見込み客のことを深く知れば知るほど、その接点としてのビッグ・アイディアを発見することが簡単になります。

多くの人がビッグ・アイディアを見つけることができないのは、そもそもビッグ・アイディアの必要性を感じていないか、必要性は感じていても何をどうすればいいのかが分からないからです。

ビッグ・アイディアを発見する唯一の方法であり、王道の方法はリサーチをすることです。

ビッグ・アイディアを見つけるためには事前に、徹底的にリサーチを行うようにしましょう。

リサーチの具体的な方法については、下記の記事を参考にしてください。

↓↓↓

追伸

ビッグ・アイディアについて、さらに理解を深めるためには、下記の記事を参考にしてください。

↓↓↓

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら