From:HIRO

前回、セールスレターの冒頭では、理性に訴えるための説得をするのではなく、「見込み客の欲求に直接訴えかけるような約束をすること」の重要性について書きました。

【警告】セールスレターの書き出しで、こんな間違いをしていませんか?

では、その次にすべきことは何でしょうか?

「想像(PICTURE)」の秘訣

約束を実現したいという見込み客の欲求を心に強く、そして深く根付かせる必要があります。

そのためには、その人の頭の中で、あなたの約束が実際に”思い描かれる(PICTURE)”必要があるのです。

例えば、想像(PICTURE)を相手の頭と心に根付かせるためには、このように書く必要があります。

あなたは、これまで経験したことのないほどの活力を得ます。痩せて綺麗になり、かつて ないほど素晴らしいセックスも味わえるでしょう。

イメージチェンジを祝って、ある晩街に繰り出した自分の姿を想像してみてください。足 取りは軽く、目はキラキラ輝いています。颯爽と歩くあなたを、立ち止まって振り返る人たち。 あなたの引き締まったスリムな体を褒めています。あなたは官能的魅力を放っているのです。

また、体調もとてもよくなるので、仕事もはかどります。数カ月以内に、収入が 2 倍、3 倍になっても不思議はありません!(夢に見たあのロールスロイスが手に入ったらどうしま すか?) コンバーチブルをオープンにして、ドライブする自分を想像できますか? ピーナツを食べながら……。

どうでしょうか?

このように描写することで、まるで約束が手に入ったかのような感覚になりませんか?

まとめ

まず、あなたは見込み客に対して、あなたが何をしてあげられるのかを告げ、今度はその人自身に、その約束の効果を楽しむ自分を「思い描いて」もらう必要があるのです。

五感を刺激するような表現を使って、見込み客の頭と心の中に、セールスレターの冒頭であなたがした約束を手にした姿をインストールさせていきましょう。

おすすめの記事