ヘッドラインのためのヘッドライン「プリヘッド」を活用しよう

USA-Reiseblogger / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

このブログを読んでくれているあなたなら「ヘッドライン」の重要性は言うまでもないでしょう?

「ヘッドライン」とは、読み手の興味・関心を引くためのものであり「ヘッドライン」で失敗してしまえば、どんなに一生懸命になって書いたその後のコピーは読まれません。

だから、「ヘッドライン」はセールスコピーの中で最も影響力の大きいパーツなのです(ヘッドラインを適当に書いてませんか?大丈夫ですよね?)

*参考にどうぞ↓↓↓

さて、この重要な「ヘッドライン」を読ませるために用いる「プリヘッド」というものがあることを知っていますか?

「プリヘッド」とは、「ヘッドライン」の上にあるコピーのことです。

例えば、こんな感じです。

50歳になっていて、もう投資を始めるには遅すぎると思っていませんか?(プリ・ヘッド)

一般の人が40年かけて築く財産を、あなたは4ヶ月で手に入れることができます(ヘッドライン)

このセールスコピーの例では、このコピー読む人は「プリ・ヘッド」があることによって「自分のことだ」とすぐに思うことができます。

つまり、「プリ・ヘッド」とは「ヘッドラインのヘッドライン」であり、セールスコピーの中で最も影響力のある「ヘッドライン」を読ませるチャンスを増やすために用いることができるのです。

ぜひ、あなたも実際に使って、その効果を試してみてください。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら