オファーの強さの基準は、どうやって決めればいいの?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

さて、前回は「「オファーがない広告」に1円たりとも使ってはいけません。あなたの見込み客もあなたも損をしますよ」という記事を書きましたが、オファーの強さは一体、どうやって測ればいいのでしょうか?

今回は、オファーの強さを測る基準について紹介したいと思います。

自分が用意したオファーが強いか弱いかを判断する基準は簡単です。

それは、超一流のダイレクト・レスポンス・コピーライターのジョン・カールトンのこのアドバイスに従ってください。

見込み客のことを考える時は、夢遊病の巨大なナマケモノが長椅子に寝そべっていて、眠っている巨体を動かすのが嫌でたまらず、電話もわずかに手の届かないところにある、といった様子を想像するように。

どうでしょうか?あなたの用意したオファーはこの夢遊病の巨大なナマケモノが今すぐに動こうという気を起こさせるものでしょうか?

とてもシンプルな質問ですが、この巨大なナマケモノを動かすことができないようでは、まだまだあなたのオファーは弱いということです。

あなたが広告を出す目標はすぐさま反応を得ることです。

ありきたりで、退屈で、平凡なオファーでは、とてもその役割を果たすことができないことは言うまでもありません。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら