MichaelGaida / Pixabay

あなたは新聞や雑誌を読むとき、どの部分に目が行きますか?

そうです。キャッチコピー(見出し)ですよね?

キャッチコピー(見出し)が勝負

キャッチコピー(見出し)が自分に興味のないものだったら、わざわざ、本文を読もうとはしませんよね?

だからこそ、キャッチコピー(見出し)は、あなたのビジネスのターゲットとなる見込み客や顧客にぴったりと合わせる必要があるのです。

また、キャッチコピー(見出し)は、あなたの見込み客や顧客の関心ごとの一番である必要があります。

ターゲットの頭の中の会話には入り込もう!

これはどういうことかというと例えば、「先週、彼氏にお腹周りが太っていることを指摘されて、悔しい思いをしている彼女」にとっては、

「1週間で5kg痩せて、あの人を見返してやろう!」

というキャッチコピー(見出し)は、自然と目に入ってきてしまうものです。

なぜなら、今彼女の心の中で起きている出来事はまさに、「早く痩せて彼氏を見返したい!」という強い気持ちだからです。

だから、キャッチコピー(見出し)を考える時は常に、あなたのビジネスの見込み客や顧客の頭の中の会話に入り込むような言葉を考えるようにしましょう。

まとめ

セールスレターのおけるキャッチコピー(見出し)は非常に重要な要素であり、また、奥深いものになります。

下記の記事を参考にして、さらに理解を深めていきましょう。

↓↓↓

おすすめの記事