キャッチコピー(見出し)は、あなたのターゲットにぴったりと合わせろ!

キャッチコピー(見出し)を考える時は常に、あなたのビジネスの見込み客や顧客の頭の中の会話に入り込むような言葉を考えるようにしましょう。

MichaelGaida / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

あなたは新聞や雑誌を読むとき、どの部分に目が行きますか?

そうです。キャッチコピー(見出し)ですよね?

キャッチコピー(見出し)が勝負

キャッチコピー(見出し)が自分に興味のないものだったら、わざわざ、本文を読もうとはしませんよね?

だからこそ、キャッチコピー(見出し)は、あなたのビジネスのターゲットとなる見込み客や顧客にぴったりと合わせる必要があるのです。

また、キャッチコピー(見出し)は、あなたの見込み客や顧客の関心ごとの一番である必要があります。

ターゲットの頭の中の会話には入り込もう!

これはどういうことかというと例えば、「先週、彼氏にお腹周りが太っていることを指摘されて、悔しい思いをしている彼女」にとっては、

「1週間で5kg痩せて、あの人を見返してやろう!」

というキャッチコピー(見出し)は、自然と目に入ってきてしまうものです。

なぜなら、今彼女の心の中で起きている出来事はまさに、「早く痩せて彼氏を見返したい!」という強い気持ちだからです。

だから、キャッチコピー(見出し)を考える時は常に、あなたのビジネスの見込み客や顧客の頭の中の会話に入り込むような言葉を考えるようにしましょう。

まとめ

セールスレターのおけるキャッチコピー(見出し)は非常に重要な要素であり、また、奥深いものになります。

下記の記事を参考にして、さらに理解を深めていきましょう。

↓↓↓

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら