ビジネスで最悪の数字とは?「代替案エクササイズ」のススメ

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

あなたは今、どんな方法で集客をしていますか?

 

  • 紹介でしょうか?
  • セミナーを開いた集客方法でしょうか?
  • ホームページでしょうか?
  • PPC広告でしょうか?
  • メルマガでしょうか?
  • アフィリエイトでしょうか?
  • 電話営業でしょうか?

 

どの方法が得意でしょうか?

 

では、もし、あなたの得意なその方法が明日から全く使えなくなってしまったら、あなたはどうしますか?

 

そうなったとしても、ビジネスを続けていくだけの知恵と体力はありますか?

ビジネスで最悪の数字は「1」

ビジネスで一番最悪な数字は「1」です。

 

なぜなら、ビジネスの安定は、多様性によってもたらされるからです。

 

1つの顧客、1つの仕入先、1つの卸先、1つの取引先、1人のキーとなる従業員、1つのメディア、1つのセールスコピー、1つの商品、1つのデータバックアップのないパソコンなど、あなたのビジネスの「1」という数字があるのなら、それは危険な兆候です。

 

あなたのビジネスは、その「1」に依存している状態になっている可能性が高いからです。その「1」がなくなってしまったら、全てがなくなってしまうかもしれません。

 

あなたは「1」つがうまくいっているうちに、もう「1」つの代替案、バックアップを育てておくなどして、うまくいっている時ほど冷静に、リスク管理を行わなければなりません。

 

ダン・ケネディは、年1回は「代替案エクササイズ」をすることを推奨しています。

 

「今、最もうまくいっている”それ”がなくなったら、どうするのか?」

 

この質問に逃げずに、真剣に向き合って考えることが必要です。

 

PPCなどのウェブ広告がうまくいっているのなら、「もし、ウェブ広告が使えなくなったら、どうするか?」を考える。1人のキーとなる従業員の売り上げに頼っているのなら、「もし、その従業員が突然辞めてしまったら、どうするか?」を考えていきましょう。

 

この「代替案エクササイズ」を日頃から行うことのあなたにとってのメリットは、リスクを回避できるようになるだけではありません。

 

ビジネス上の大きなブレイクスルーを起こす可能性も見えてくるのです。

 

ぜひ、あなたも今すぐに実践してみてください。

 

今まで気づかなかった大切なことに、気がつくことができるようになるでしょう。

 

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)