売れるコピーを書くための最高の方法

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

あなたが今、売っているものは何ですか?あなたが売っているものは、

 

ホームページでしょうか?

不動産でしょうか?

広告でしょうか?

美味しい食事でしょうか?

花でしょうか?

 

残念ながら、全部違います。あなたが売っているものは「商品・サービスそのもの」ではなく、「商品・サービスがもたらす相手の得(トク)」なんです。

 

だからこそ、あなたがどんなコピーを書くにしてもコピーでは「相手にとってどんなメリットがあるか」を伝えなければなりません。

 

お客さんは「商品・サービスそのもの」が欲しくて、商品を買っているわけではありません。

 

お客さんは「商品・サービスを買うことによって得られるメリット」が欲しくて、商品・サービスを買っているのです。

 

ここはとても重要なことなので、メモをしてください。

 

「セールスライターは商品そのものを売るのではなく、その商品がもたらすメリットを売らなければならない」

 

これは物販であろうとセミナーであろうと情報商材であろうと、なんでも同じです。

 

「相手が抱えている問題、悩み、痛み、不安、怒りは何か?、自分の商品・サービスはそれをどのように解決することができるのか?」

 

これを考えることが、コピーを書く上での原点です。

 

まずは、相手のことを中心に考え、相手に与える。

 

当たり前のようですが、これこそが売れるコピーを書くための最高の方法なのです。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)