【セールスレターの研究】「通販生活」の「洗えるサンダル」

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

今回は、プロのコピーライター、セールスライターも参考にしている株式会社カタログハウス「通販生活」さんのセールスコピーについて、研究したいと思います。

今回は「洗えるサンダル」を売るためのセールスレターです。

ちなみに、カタログハウスは1976年に創業された通販会社で、有料のカタログ雑誌「通販生活」を創刊し、現在は約100万人の読者を持っている凄い会社です。

「通販生活」はコンビニや書店の書籍売り場に売っているので、あなたが定期購読をしていなくても一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

それでは早速、紹介していきたいと思います。

研究対象のセールスコピーはこれ!

ヘッドライン(キャッチコピー)

20年支持されているのは、「おしゃれなのに洗える」だけでなく、「あるきやすさが段違い」だから

このヘッドラインでは単刀直入に「おしゃれなのに洗える」、そして「あるきやすさが段違い」という読み手にとってのベネフィットを提示しています。

そして、「20年支持されている」と具体的な数字を用いて伝えることで、「ロングセラーで信頼ある商品」であることを伝えています。

<参考記事>

本文(ボディ・コピー)

まずは、本文(ボディ・コピー)をご覧ください。

↓↓↓

20年支持されるのは「おしゃれなのに洗える」だけでなく、「歩きやすさが段違い」だから。

中底に敷き詰められたラテックススポンジが、衝撃を柔らかく受け止める。

子育てママから旅行好きミセスまで幅広い世代に評価されて、初めてのご紹介から今夏でついに20年め。上品なスエード調のおしゃれサンダルですが、ベタベタ汗も泥汚れも水でジャブジャブ洗い流せます。泥はねが気になる公園はもちろん、海やプールでビーチサンダル代わりに履いてくださっても大丈夫です。

手で触っても本物のスエードとしか思えない起毛仕立ての甲ベルトは、東レの人工皮革「ウルトラスエード®」。本革と違って水で丸洗いしても硬くなったり縮んだりしない丈夫な素材で、ジャケットの生地や航空機の内装に採用されています。

中敷も洗える素材「グリムエアー」です。表面の約20㎛(マイクロメートル)の穴が足裏の湿気を逃がしてくれます。

もちろん、本品が20年も支持されてきたのは「洗える」だけではありません。「歩きやすさ」に惚れこんでくださった読者が大勢いるのです。

その理由は、中底に敷き詰められたフカフカの「ラテックススポンジ」。弾力があるので、地面からの衝撃を柔らかく受け止めてくれます。ふつうのサンダルはかかとやつま先など部分的にスポンジを入れてありますが、こちらは中底全面に4mm厚のスポンジがたっぷり。足裏の凹凸に沿うよう立体成型してあるので、お子さんやお孫さんと公園を走り回っても疲れにくいのです。

リーガルコーポレーション製。

情報源:https://www.cataloghouse.co.jp/fashion/shoes_sandals/1101602.html?sid=top_1101602

このセールスコピーの核となるビッグアイディアはヘッドラインで表現されている言葉そのまま。

20年支持されているのは、「おしゃれなのに洗える」だけでなく、「あるきやすさが段違い」だから

です。

本文では、このヘッドラインの内容を商品の構造、子育てママから旅行好きミセスまで幅広い世代に評価されて20年経っていることなど、具体的に説明することで説得力のある文章に仕立て上げています。

ヘッドライン(キャッチコピー)の心理トリガー(引き金)は?

人間は理屈ではなく感情で行動する生き物です。ですので、見込み客とセールスレターとの出会いとなるヘッドライン(キャッチコピー)では「人の根源的な心理」、つまり心理トリガー(引き金)を引く必要があります。

このセールスコピーのヘッドライン(キャッチコピー)では、どのような心理トリガーを引いているのでしょうか?

チェックしてみましょう。

人の本能を突き動かす「8つの欲求」(一次欲求)

下記の「8つの欲求」は人間が生きている限り、逃れることができない強い欲求で、理性を持ってしてもなかなか自分ではコントロールすることが難しい欲求です。

1.生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい。
2.食べ物、飲み物を味わいたい。
3.恐怖、痛み、危険を免れたい。
4.性的に交わりたい
5.快適に暮らしたい。⭐️
6.他人に勝り、世の中に後れを取りたくない。
7.愛する人を気遣い、守りたい。
8.社会的に認められたい。

ドルー・エリック・ホイットマン「現代広告の心理技術101」より)

本能的な欲求としては、「快適に暮らしたい」という欲求に訴求しています。「おしゃれで洗える」だけでなく「あるきやすい」ということがポイントですね。

人を動かす「9つの欲求」(二次的欲求)

この「9つの欲求」(二次的欲求)は「8つの欲求」(一次的欲求)に比べれば弱い欲求になりますので、理性でコントロールすることも可能です。

1.情報が欲しい。
2.好奇心を満たしたい。
3.身体や環境を清潔にしたい。
4.能率よくありたい。
5.便利であってほしい。⭐️⭐️⭐️
6.信頼性、質のよさが欲しい。⭐️⭐️
7.美しさと流行を表現したい。
8.節約し、利益を上げたい。
9.掘り出し物を見つけたい。

ドルー・エリック・ホイットマン「現代広告の心理技術101」より)

20年支持されているのは、「おしゃれなのに洗える」だけでなく、「あるきやすさが段違い」だから

と快適さ、便利さ、そして信頼性、質のよさが欲しいをいう欲求に訴求しています。

<参考記事>

まとめ

もし、あなたが扱っている商品・サービスで、顧客に長く支持されているものがあれば、ヘッドラインで単刀直入に「支持されている理由」を伝えて、それを具体的に本文で表現することによって、説得力のあるセールスコピーが書くことができるようになります。

ぜひ、あなたも試してみてください。

<参考記事>

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!