ホーム 「セールスライターの教科書」の全記事 インターネットマーケティング

インターネットマーケティング

「Contents is King」(コンテンツは王様)は間違い?:インターネットマーケティングにおける最大の資産とは?

あなたは、「Contents is King」(コンテンツは王様)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?実は、この言葉は間違っています。「Contents is King」(コンテンツは王様)ではありません。インターネットマーケティングにおいて、一番の王様は「読者との関係性」=リストの質にあります。

インターネットを使っている人の「行動の特徴」とは?

インターネットをパソコンやスマホで見ることは、今では当たり前となりましたよね?   なので、あなたがビジネスを行う上では、インターネットを決して避けて通ることはできません。   あなたは気づいているでしょうか?   ...
video

【動画】ネット広告って効果がない!?広告の反応率が低くなってしまう5つの理由

広告の反応率が悪くて、広告をやめてしまった、、、広告費を抑制してしまった、、、というあなたに朗報です。 この動画を見ることで、広告の反応率が悪くなってしまう根本原因を知り、それを改善させることができます。 ↓↓↓
初心者でもWordPress(ワードプレス)を使って、集客ブログ(オウンドメディア)を作る方法【完全ガイド】

初心者でもWordPress(ワードプレス)を使って、集客ブログ(オウンドメディア)を作る方法【完全ガイド】

今回は、HTMLやCSSなどのウェブの専門知識がない人でもステップ・バイ・ステップで、自分自身の集客装置(WordPressを使った集客ブログサイト)を構築する方法を紹介していきます。 下の目次を見てもらえれば分かるように、この記事は内容がぎっしり詰まっていて、1冊の本並み...

インターネットを使って「月額10万円以上の稼ぎ方」を6ヶ月以内に身につける方法

今回は、あなたに「インターネットを使って、6ヶ月以内に月額10万円以上を稼ぐ方法」について紹介します。もし、あなたが僕と同じサラリーマンとして仕事をしているのなら、月額10万円の昇給をしようと思っても、かなり難しいことは実感できると思います。

あなたのホームページ、スマホで見れる?

あなたのやっているビジネス、ホームページはありますか? 今時、ビジネスをやっていて、ホームページを持っていない人や会社はあまりいませんよね?   では、あなたのホームページ、スマホでも見ることができますか? もし、あなたのホームページがパソコンだ...

【王道】あなたのウェブサイトにアクセスを集める方法

インターネットネットマーケティングの世界に長くいると、本当に多くの企業、個人事業主が自分のウェブサイトにたくさんのアクセスを集めたいと考えていることが分かります。そして、アクセスを集めるために、たくさんの広告を試してみて「あの媒体はダメだね」みたいなことを言っています。でもね・・・。僕の本音を言いますね。

インターネットマーケティング最強の戦略(著者:小川忠洋)の感想

先日、僕のクライアントである会社の社長がこんなことを言っていました。   「今のビジネスは順調に右肩上がりで成長しているけど1年後、どうなるか分からないので非常に不安だ」   僕にとって、この発言は驚きでした。なぜなら、この社長の会社は...

インターネットマーケティングにおける最大の資産とは?

当然のことかもしれませんが、会社の仕事は雑務で溢れています。   オフィスにいるとひっきりなしに顧客や取引先電話がかかってくるし、様々なミーティングがすでにセットされている。   僕は就業時間の1時間〜1時間半前にはオフィスに行って仕事...

インターネットマーケティングの成功方程式とは?

インターネットマーケティングとは、インターネットというメディア(媒体)を通して、見込み客や顧客との関係性を築くことです。インターネットマーケティングと聞くと難しい技術の話のようなイメージがありますが、その目的がビジネスを行うことである以上、そこには心を持った人と人との関係性を築く血の通った営みがあります。

コンテンツってなんだ?

「今、ビジネスをやるならコンテンツマーケティングが重要だ」     この言葉は、インターネットを使ってビジネスをしている人であれば毎日、耳にタコができるくらい聞いている言葉だと思います。 でも、実際は、「コンテンツマーケティング」の重要...

なぜ、「メディアを制する者」が「ビジネスを制する」のか?

今回、紹介するテーマは、自分自身のメディアを持つことにより、ビジネスをコントロールし、予測できるものにするということです。大企業であれ、中小企業であれ、または個人事業主であれ、安定して経営を行うためには、今日だけでなく、その先を予測しなければなりません。