セールスライティングの技術

セールスライティングの技術

自信を持ってコピーを書く方法

自信を持ってコピーを書く方法。その答えは、コピーの完成度なんかは気にせずに、 とにかくコピーを書くことです。
セールスライティングの技術

2つのコピーのタイプ

コピーライティングには大きく分類して、2つのコピーのタイプがあります。「イメージ」タイプのコピーと「レスポンス」タイプのコピーです。
セールスライティングの技術

僕がコピーライティング・スキルを身に着けようと思った理由

コピーライター、コピーライティング・スキルというのは、ビジネスの生命線であり、最も外注化するのにも神経を使わなければいけないことなんです。コピーライティング・スキルの重要性について、僕は事あるごとに 言っていますが、これはいくら言葉で言っても足りないぐらいですね。
セールスライティングの技術

「信じない」「行動しない」という壁を越える方法

今回は、コピーライティングの「信じない」という壁を越える方法についてお話します。
セールスライティングの技術

「読まない」という壁を越える方法

今回は、コピーライティングの「読まない」という壁を越える方法。その方法とは1、キャッチコピー(ヘッドライン)を強力にすること2、サブヘッドとブレッド、そして追伸を強力にすること3、読み手にとって、分かりやすい文章を書くこと4、「あなた」という言葉、もしくは「相手の名前」を使うこと5、読み手を巻き込むことです。
セールスライティングの技術

コピーライティングで「人の感情を大きく動かす要素」とは?

コピーライティングで「人の感情を大きく動かす要素」とはGDTの法則です。GDTの法則とは「G」で3つ、「D」で3つ、「T」で3つ、合計9つの要素が含まれた言葉や 文章を聞いたり、読んだりすると人は、感情が大きく揺れ動くといわれる法則のことです。
セールスライティングの技術

反応が取れるセールスレターの「5つの要素」とは?

反応が取れるセールスレターの「5つの要素」とは1、キャッチコピー(ヘッドライン)2、小見出し(サブヘッド)3、ブレット(ベネフィットの箇条書き)4、保障(リスク・リバーサル)5、追伸(ヘッドラインの次に重要な要素)です。
セールスライティングの技術

反応が取れるセールスレターを書くための「5つのステップ」とは?

「反応が取れるセールスレターを書くための5つのステップ」とは1、Qualify(ターゲティング)2、Understand(理解・共感する)3、Educate(教育する)4、Stimulate(刺激する)5、Transition(行動させる)です。
セールスライティングの技術

セールスライティングの「3つのルール」とは?

一生懸命にセールスレターを書いた・・・。でも、なんだかまとまりがなくて、自信が持てない。そんな心配は今日でサヨナラしてください。セールスライティングには「3つのルール」が存在します。この「3つのルール」を知ることで、バラバラだったあなたのセールスレターに一貫性が生まれ、より反応率の高いセールスレターを書くことができるようになります。
セールスライティングの技術

セールスレターを書く前に、やらなければならない「6つの準備」とは?

この「6つの準備」を避けて、いくらセールスライティングの知識やテクニックを一生懸命に学んでも、いつまでたっても「売れるセールスレター」を書けるようにはなりません。
セールスライティングの技術

セールスライターが越えるべき「3つの壁」とは?

コピーライティングにおける「3つの壁」1、読まれない(Not Read)2、信用されない(Not Believe)3、行動しない(Not Act)を越えていけるような「言葉」と「文章」を使い、相手に応じた効果的な文章を書く能力こそが、今のあなたに最も求められていることなのです。
セールスライティングの技術

爆発的な反応率が取れるセールスライティングの5原則とは?

そもそも、セールスライティングの目的とは、何でしょうか?それは、爆発的な反応率を取って、商品やサービスを売ることですよね。では、爆発的な反応率を取るためには一体、何が必要なのでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました