「セールスライターの教科書」の全記事

セールスライターの心得

なぜ、テクニックを一生懸命に学んでもうまくいかないのか?

ゼロにいくら数字を乗じても結果は変わらずゼロなように、セルフイメージが定まらない自分(=ゼロ)にいくらテクニックをかけても、結果は変わらずゼロです。
セールスライターの心得

自分の「強み」を見つける方法

「人と違った視点」というのはビジネスにおいては圧倒的な「強み」になります。「強み」とは、あなただけの知識と経験の総体です。他人には、決して真似ができないものです。
blank 売れる商品をつくる方法

「商品の4つの提供方法」とは?

私たちの扱う商品は、 1、「物」として売る 2、「代行サービス」として売る 3、「場」として売る 4、「知識・経験」として売る というように4つの提供方法があるのです。
blank 売れる商品をつくる方法

「ネットで売れる商品の4つの要素」とは?

こんにちは。ヒロです。 今回は、 「インターネットで売れる商品の4つの要素」 についてお話します。 インターネットで売れる商品には、どのような要素があるでしょうか? インターネットで売れている商品には、...
blank 売れる商品をつくる方法

「売れる商品の6つの要素」とは?

今回は、『売れる商品の6つの要素』についてお話します。コピーライティング・スキル(セールスライティング・スキル)があれば極端な話、どんなに「ダメな商品」であっても売ることはできてしまいます。しかし、一時的には売れますが「ダメな商品」であることに変わりはないので当然、その商品が売れ続けることはありません。
blank セールスライターの心理戦略

「問題に対する読み手の意識レベルの4段階」とは?

「問題に対する読み手の意識レベルの4段階」とは1、問題に対して無知な状態2、問題に対して無関心な状態3、問題を解決しようと考えている状態4、問題に対して苦痛を感じている状態です。コピーを書くときは常に読み手が今、どの段階の意識レベルにあるかを意識して書きましょう。
blank セールスライティングの技術

「信じない」「行動しない」という壁を越える方法

今回は、コピーライティングの「信じない」という壁を越える方法についてお話します。
blank セールスライティングの技術

「読まない」という壁を越える方法

今回は、コピーライティングの「読まない」という壁を越える方法。その方法とは1、キャッチコピー(ヘッドライン)を強力にすること2、サブヘッドとブレッド、そして追伸を強力にすること3、読み手にとって、分かりやすい文章を書くこと4、「あなた」という言葉、もしくは「相手の名前」を使うこと5、読み手を巻き込むことです。
blank セールスライティングの技術

コピーライティングで「人の感情を大きく動かす要素」とは?

コピーライティングで「人の感情を大きく動かす要素」とはGDTの法則です。GDTの法則とは「G」で3つ、「D」で3つ、「T」で3つ、合計9つの要素が含まれた言葉や 文章を聞いたり、読んだりすると人は、感情が大きく揺れ動くといわれる法則のことです。
blank セールスライティングの技術

反応が取れるセールスレターの「5つの要素」とは?

反応が取れるセールスレターの「5つの要素」とは1、キャッチコピー(ヘッドライン)2、小見出し(サブヘッド)3、ブレット(ベネフィットの箇条書き)4、保障(リスク・リバーサル)5、追伸(ヘッドラインの次に重要な要素)です。
blank セールスライティングの技術

反応が取れるセールスレターを書くための「5つのステップ」とは?

「反応が取れるセールスレターを書くための5つのステップ」とは1、Qualify(ターゲティング)2、Understand(理解・共感する)3、Educate(教育する)4、Stimulate(刺激する)5、Transition(行動させる)です。
blank セールスライティングの技術

セールスライティングの「3つのルール」とは?

一生懸命にセールスレターを書いた・・・。でも、なんだかまとまりがなくて、自信が持てない。そんな心配は今日でサヨナラしてください。セールスライティングには「3つのルール」が存在します。この「3つのルール」を知ることで、バラバラだったあなたのセールスレターに一貫性が生まれ、より反応率の高いセールスレターを書くことができるようになります。
タイトルとURLをコピーしました