なぜ、インターネット集客には「セールスライティング」が欠かせないのか?

今、私たちの日々の仕事や生活には、インターネットは欠かせないものになっています。もう、インターネットがない時代が想像できないくらいに、私たちの生活にはインターネットが浸透していますよね?何かを調べたい時にGoogleやYahoo!などの検索エンジンに「知りたいことに関するキーワード」を打ち込めば、すぐに求める答えに関する情報コンテンツが表示されます。もうこんな生活が当たり前になっていますが、考えてみたらこれは凄いことですよね?ひと昔前は、インターネットなんてなかったんですから。

セールスレターの中に「ビッグアイディア」が必要な理由とその見つけ方

From:HIRO なぜ、人はセールスレターを読むのか? そもそも、なぜ、人はセールスレターを読むのでしょうか? その答えは、とてもシンプルです。 人がセールスレターを読む理由は、自分の問題を解決するための何らかの「アイディアや手段」を得るためです。 セール...

あなたは20秒以内に商品・サービスを説明できますか?

もし、あなたがもっと商品・サービスをもっと売りたいのなら、商品・サービスを20秒以内に、相手が直感的に分かるように説明する必要があります。なぜ、20秒なのか?それは、人がひとつのことに集中して耳を貸せる時間というのは、テレビのCMと同じように15秒〜20秒が限界だからです。あなたが商品・サービスに詳しければ詳しいほど、たくさんの特徴やメリットを説明したくなってしまいますが、説明すればするほど逆効果になってしまいます。ですので、自分の商品・サービス説明は練りに練って、20秒以内におさめられるようにしましょう。

「機能」を「ベネフィット」に翻訳しよう!

あなたは、どんな商品・サービスにも「機能」と「ベネフィット」があることを知っていますか?   「機能」とは商品・サービスの特徴です。   例えば、携帯電話であれば、   ・防水仕様になっている ・画面が大きい ・バ...

セールスライティングの極意とは?

今回は、「セールスライティングの極意」についてお話します。   セールスライティングと聞くとなんだか難しそうなイメージを持ってしまいがちですが、その本質はとてもシンプルなんです。   反応率の高いセールスコピーを書くためには事前に、以下...

正しい文章よりも「相手の頭の中にある言葉」を書こう!

セールスライターとしてお客さんと仕事をしていると、こちらが提出した文章に対して、チェックが入ることがあります。その時、プロのセールスライターとして、注意してほしいことがあります。誤字・脱字に対しては、すぐに修正をすればいいのですが、難しいのは「文章の勢い」や「感情」が削がれてしまうような修正依頼です。

やめられない、止まらない文章を書こう!

人はいつでも読むのをやめるタイミングを伺っているのです。だから、セールスライターは常に、セールスレターでもブログ記事でも何でも、何かのコピーを書くのなら「まず読んでもらうこと」と同じくらい、「読み続けてもらうこと」を気を配らなければなりません。

セールスレターを書く前に、やらなければならない「6つの準備」とは?

警告します!   セールスレターをいきなり書き始めてはいけません。   なぜなら、セールスレターの成功要因は下記の3つの要素によって成り立っているからです。 1、事前リサーチ・・・40%ぐらい重要です。 2、ライティング・・・4...

「普通の文章」と「売るための文章」。一体、何がどう違うのか?

あなたがもし、人に商品・サービスを買ってもらうための文章を書く方法を習得したいのなら、あなたが教わってきたこの常識を今すぐに捨て去って下さい。なぜなら、人が考える時、いつも論理性と客観性、そして簡潔性を伴っているとは限らないからです。また、それらの要素があるからといって相手とのコミュニケーションがうまくいくとも限りません。

【注意!】遅れはセールスの死

お客さんとの商談の場面・・・「ちょっと検討しておきます」もし、あなたが何かのセールスをしているのなら、見込み客からこんなことを言われたことがあると思います。ちょっとだけ、考えてみてください。「ちょっと検討しておきます」そう言われて、しっかりと検討してくれたことは、どれだけあるでしょうか?僕の場合、大抵、こう言われたら失敗なことがほとんどです。見込み客は実際は検討していません。

広告の目的は人に行動させること(現代広告の心理技術101 著者:ドルー・エリック・ホイットマン)

From:HIRO 今回は、現代広告の心理技術101(著者:ドルー・エリック・ホイットマン)の中から、この言葉を紹介いたします。 広告の目的は人に行動させること 「詳細を問い合わせてほしい」とか、「ペイパルでさっさと元気をよこしてほしい」とか、「クレジットカードをさっと...

より多くの人に、あなたの書いたコピーを読み、そして共有してもらう方法

今回は、より多くの人に、あなたの書いたコピーを読み、そして共有してもらう方法について、お話します。なぜなら、多くの人が、コピー本文は一生懸命になって書くのですが、そもそも、そのコピー本文を一人でも多くの人に届けるための努力をする人が圧倒的に少ないからです。