あなたの「集客の悩み」を解決してくれる5つの「リサーチ方法」と「リサーチシート」を紹介します!

集客の悩みは、大企業であろうと中小零細企業であろうと、変わりなく、ビジネスを行っていれば常に付きまとうものです。今回は、そんなあなたの集客の悩みを解決してくれる5つの「リサーチ方法」と「リサーチシート」を紹介します。

売れるセールスレターを書くために集中すべき「3つの要素」とは?

インターネットを使って商品・サービスをたくさん売りたいのなら成約率が高いセールスレターが必要ですよね?でも、そんなセールスレターはどうすれば作ることができるのでしょうか?この記事では、売れるセールスレターを書くために、あなたが集中して取り組むべきことを3つに絞り込んで、紹介したいと思います。

【発表!】世界一反応が取れるセールスレターの5つの流れ「QUESTフォーミュラ」

From:HIRO セールスライティングには、解決すべき課題が2つあります。それは、「書くべきことを決めること」、それから、それを「どのように書くか」という方法論です。 1つ目の解決すべき課題「書くべきことを決めること」は、「どのように書くか」を考えるよりもずっと難し...
効果実証済のキャッチコピーの型:39選とその例文集【完全保存版】

効果実証済のキャッチコピーの型:39選とその例文集【完全保存版】

相手の心に響くキャッチコピーを必死で考えているあなたへ。今回は、そんなあなたのために「効果実証済のキャッチコピーの型:39選と例文集」を紹介します。あなたは、この「効果実証済のキャッチコピーの型:39選と例文集」を活用することで、あれこれと悩むことなく素早く、あなたのメッセージを届けたい相手の心に響くキャッチコピー案をたくさん考え、書き出すことができるようになるでしょう。

セールスライター必見!見出し(キャッチコピー)の「4つの機能」とは?

あなたは見出し(キャッチコピー)を書く時、どれくらいの時間をかけますか?もし、あまり時間をかけずに見出し(キャッチコピー)を適当に考えているのなら、とてももったいないことをしているかもしれません。なぜなら、見出し(キャッチコピー)はセールスレターのパーツの中で最も重要な部分だからです。

セールスレターは「実在の人物」に向かって書け

あなたがセールスレターを書くとき、誰に向かって書いていますか?当然、あなたの商品・サービスを買ってくれる見込みのある人に向かって書いていますよね?でも、多くのセールスレターはターゲットが明確なようで実は、ターゲットが不明確になっています。

キャッチコピー(見出し)は、あなたのターゲットにぴったりと合わせろ!

あなたは新聞や雑誌を読むとき、どの部分に目が行きますか?そうです。キャッチコピー(見出し)ですよね?キャッチコピー(見出し)が自分に興味のないものだったら、わざわざ、本文を読もうとはしませんよね?だからこそ、キャッチコピー(見出し)は、あなたのビジネスのターゲットとなる見込み客や顧客にぴったりと合わせる必要があるのです。

「セールスレターを書くときに、一番はじめにやらなければならないこと」とは?

From:HIRO あなたがセールスレターを書こう思った時、一番最初にやらなければならないことは何でしょうか? それは、セールスレターを読むことになる相手のことを真剣に考えることです。 そして、理解することです。 「人の気持ちは、その人を同じ体験をしてみな...

売れるセールスレターを書くための「20の的(マト)を得た質問」とは?

From:HIRO きっと、あなたは今すぐにでも、売れるセールスレターを書きたいと思っているはずです。 また、勉強をするぐらいだったら、すぐにセールスレターを書いてみたいと思っているのではないのでしょうか? 僕もあなたには、今すぐにセールスレターを書いてもらいた...

セールスライティング、マーケティングの巨匠たちは鉄則を繰り返す。あなたはどうする?

ジョン・ケイプルズやロバート・コリアーなどのマーケティングの巨匠たちが巨匠と言われる理由があります。それは、彼らは同様に、ポイントをついた話をするのがうまくて、効果があると分かっている4つか5つ、6つくらいの方法を忠実に守っていたという点です。そして、決して、自分自身のアプローチ法に飽きてしまうこともありませんでした。

見出し(キャッチコピー)で失敗しないための「12のチェックポイント」とは?

見出し(キャッチコピー)は、セールスレターにとって最も重要な要素です。なぜなら、あなたが新聞や雑誌を読むときのことを想像してもらえれば分かると思いますが、見出し(キャッチコピー)であなたの関心を引くことができなければ、その後の文章は決して読まれることはないからです(見出しがつまらなかったら、本文を読もうという気持ちにならないですよね?)

誰でもプロ並みの文章が書けるようになるための「12のステップ」とは?

今回は、アン・ハンドリー「コンテンツ・マーケティング64の法則」の中から、あなたが文章を書くのが苦手でも、お手本を指示通りに合法的にカンニングするだけで、お客を引き寄せるフレーズを作り出し、売りにつながるコンテンツが書けるようになる「ライティングGPS。12のステップ」について、紹介いたします。