セールスレターを読んでも、読み手が「行動しない」という壁を越える方法

仮に、あなたのセールスレターが読み手に読まれて、信用されたとしても、「いい話を聞いたな〜」で終わってしまい、最終的に読み手が何も行動しなければ、惜しくもあと一歩のところでしたが、あなたのセールスレターは失敗です。

リードジェネレーション広告(見込み客獲得用の広告)を書く上で、注意すべきこととは?

今回は見込み客を獲得するために書く広告、リードジェネレーション広告を書く上で注意すべきことについて、お話したいと思います。例えば、あなたが英語の学習塾を経営しているとして、見込み客が欲しいと思った時、どんな広告を書くでしょうか?

セールスライティング、マーケティングの巨匠たちは鉄則を繰り返す。あなたはどうする?

ジョン・ケイプルズやロバート・コリアーなどのマーケティングの巨匠たちが巨匠と言われる理由があります。それは、彼らは同様に、ポイントをついた話をするのがうまくて、効果があると分かっている4つか5つ、6つくらいの方法を忠実に守っていたという点です。そして、決して、自分自身のアプローチ法に飽きてしまうこともありませんでした。

キャッチコピー(見出し)は、あなたのターゲットにぴったりと合わせろ!

あなたは新聞や雑誌を読むとき、どの部分に目が行きますか?そうです。キャッチコピー(見出し)ですよね?キャッチコピー(見出し)が自分に興味のないものだったら、わざわざ、本文を読もうとはしませんよね?だからこそ、キャッチコピー(見出し)は、あなたのビジネスのターゲットとなる見込み客や顧客にぴったりと合わせる必要があるのです。

セールスレターが「読まれない」という壁を越えるための「5つのアイディア」

From:HIRO セールスレターの最初の壁は「そもそも、セールスレター自体が読まれない」ということです。 では、なぜ、読まれないのでしょうか? 理由はただ一つしかありません。それは、セールスレターの「ヘッドライン(見出し)」と「内容」が読み手にとって、面白くな...

売れるセールスレターを書くために集中すべき「3つの要素」とは?

インターネットを使って商品・サービスをたくさん売りたいのなら成約率が高いセールスレターが必要ですよね?でも、そんなセールスレターはどうすれば作ることができるのでしょうか?この記事では、売れるセールスレターを書くために、あなたが集中して取り組むべきことを3つに絞り込んで、紹介したいと思います。

セールスライターが越えなければならない「読み手の3つの壁」とは?

セールスライターには、越えなければならない「読み手の3つの壁」があります。それは、1、読まれない(Not Read)2、信用されない(Not Believe)3、行動しない(Not Act)この3つのことです。

「そこそこ反応率が上がるセールスレター」を素早く書く秘訣とは?

もし、あなたがそこそこ反応率が上がるセールスレターを書きたいのなら、これから紹介する記事は必読です。当時、そこそこ反応率が上がるセールスレターが書けるようになった頃、僕の最大の悩みは、セールスレターを書くための時間がかかり過ぎるということでした。

【注意】商品・サービスは1回では売れませんよ。

From:HIRO インターネットを使って商品・サービスを販売しようとする人がよく犯す間違いに、「1回で商品・サービスが売れる」と思い込んでしまうことにあります。 セールスレターは「優秀な営業マンのセールストークを活字に落とし込むこと」ですが、1回で商品・サービスを売...

【ヘッドラインの研究】支払いを踏み倒す客のせいであなたはどれほどの損をしていますか?

セールスレターのヘッドラインはセールスレター全体のビッグ・アイディアです。 つまり、「見込み客を惹きつけ、商品・サービスの購買へと自然と行動へと向かわせてしまうほどの強力なアイディア」を表現する部分であり、セールスレターの中では「最も重要な要素」なんです。 ヘッドライ...

売れるセールスレターの「正しい書き方」【まとめ】

今回はセールスレターの「正しい書き方」について、紹介していきます。大ヒットとまではいかなくても、そこそこの反応率の出るセールスレターを素早く書くためには、過去に効果が実証された考え方やルール、そして、テクニックがあります。それらに従って、セールスレターを書いていくことで、あなたはもっと商品・サービスを売ることのできるようになるでしょう。

セールスレターは「実在の人物」に向かって書け

あなたがセールスレターを書くとき、誰に向かって書いていますか?当然、あなたの商品・サービスを買ってくれる見込みのある人に向かって書いていますよね?でも、多くのセールスレターはターゲットが明確なようで実は、ターゲットが不明確になっています。