ダイレクトレスポンスマーケティング

ダイレクトレスポンスマーケティング

【動画】ネット広告って効果がない!?広告の反応率が低くなってしまう5つの理由

広告の反応率が悪くて、広告をやめてしまった、、、広告費を抑制してしまった、、、というあなたに朗報です。 この動画を見ることで、広告の反応率が悪くなってしまう根本原因を知り、それを改善させることができます。 ↓↓↓
ダイレクトレスポンスマーケティング

沖縄・オリオンビール「第2創業」から学ぶ「経営で最も大事にすべきこと」とは?
#時事評論

From:HIRO あなたはビール、好きですか? 僕は夏に飲む沖縄のオリオンビールが大好きで最近、家の冷蔵庫にはオリオンビールが常時、ストックされてます。 今日も仕事を終えたら、オリオンビールを飲むことを想像するだけで、仕...
ダイレクトレスポンスマーケティング

ビジネスを危機にさらす方法:仲のいい既存客とばかり付き合うこと

「大変です!大口顧客から契約が切られそうなんです。なんとか助けてくれませんか?」 ある朝、いつものように朝早くに目覚めてパソコンのメールをチェックしている時、こんな文字が僕の目に飛び込んできました。 このメールの送り主は、僕がい...
ダイレクトレスポンスマーケティング

なぜ、広告費をケチるとあなたのビジネスは縮小してしまうのか?

日々、セールスライターとして「集客代行」のビジネスを通して、多くの経営者に接していて、分かったことがあります。 それは、「成功する経営者」と「いまいち伸び悩む経営者」の広告に対する考え方と行動の違いです。 成功している経営者は常...
ダイレクトレスポンスマーケティング

注意!広告代理店はマーケティングのプロとは限らないので、依存してはいけない

こんなことを書くと僕は批判をされてしまうかもしれませんが事実なので、あなたに伝えておきたいと思います。 それは、広告代理店はマーケティングのプロとは限らないということです。 僕はお客さんとして広告代理店と付き合っていたこともあり...
ダイレクトレスポンスマーケティング

数字、データ、論理?でも、マーケティングが退屈で良いわけないだろ!

日頃の業務の中で、多くの経営幹部と話していて強く感じることがあります。 「つまらない・・・」 彼らはエリートです。論理的で理路整然としたデータ、事例、数字が大好きです。 会議を行っていても常に数字を軸に、どうすればもっと新...
ダイレクトレスポンスマーケティング

「調査・診断型」のセールスコピーを使って、新規の見込み客を集める方法

新規の見込み客のリストを集めるためには、ただ単純に、 ・今すぐにサンプルを請求してください! ・今すぐに資料請求してください! ・今すぐに無料登録してください! ・今すぐにご予約してください! などとお決まりの...
ダイレクトレスポンスマーケティング

オファーの強さの基準は、どうやって決めればいいの?

さて、前回は「「オファーがない広告」に1円たりとも使ってはいけません。あなたの見込み客もあなたも損をしますよ」という記事を書きましたが、オファーの強さは一体、どうやって測ればいいのでしょうか?今回は、オファーの強さを測る基準について紹介したいとと思います。
ダイレクトレスポンスマーケティング

「オファーがない広告」に1円たりとも使ってはいけません。あなたの見込み客もあなたも損をしますよ。

最近、様々な業種のインターネット広告を手伝っていて、メチャクチャ気になっていることがあります。気になって気になって、しょうがないぐらいです。それは、どの広告主も「魅力的なオファーを用意していない」し、「魅力的なオファーを用意する重要性を理解していない」ということです。
ダイレクトレスポンスマーケティング

ノーとは言えない。「抵抗できないオファー」を作り、それを売ることに集中せよ

最近、いろいろなお客さんのマーケティングを手伝っていて、痛切に感じることがあります。それは、マーケティング・キャンペーン全体にオファーがまったくないか、そのオファーが弱々しいということです。
ダイレクトレスポンスマーケティング

マーケティングのゴールって、どこなの?

起業家、個人事業主、マーケティング担当者にとって、日々の顧客獲得活動は楽しくもあり、また、同時に頭の痛い課題の連続です。広告費を投資したのに全く集客できなければ「何が問題なんだ・・・」と心配になったり、逆に、予想以上に顧客が獲得できれば「やったぞ!」と小躍りしたい気分にもなる・・・、そんな毎日を送っています。
ダイレクトレスポンスマーケティング

なぜ、誰もがマーケティングとセールスから逃れることができないのか?

僕は仕事で関わる人には常に、「マーケティングは最も重要な活動です。毎日、忙しいとは思いますが、マーケティングに関する仕事を優先的に行いましょう。もし、あなたがマーケティングを行っていないのであれば、その忙しい目の前の仕事を今すぐに止めてでもマーケティングをすべきです」と言っています。
タイトルとURLをコピーしました