物語から学ぶセールスライターの心得3:堪忍は一つ

今回は「セールスライターに不可欠な心得」を物語を通して、紹介していこうと思います。 今回の物語は「堪忍は一つ」です。 堪忍は一つ 昔、堪忍六助という男がいた。 何事にも腹を立てず、堪忍強い男であったため、世間の人は彼のことをほめそやした。 だが、六助の近所の...

物語から学ぶセールスライターの心得2:ロバと親子

今回は「セールスライターに不可欠な心得」を物語を通して、紹介していこうと思います。 今回の物語は「ロバと親子」です。 ロバと親子 ロバと親子 町にある市場でロバを売るため 、親子とロバが田舎道を歩いていた 。 すると 、道ばたで井戸水を汲んでいた女の子たちがそれ...

物語から学ぶセールスライターの心得1:一休和尚の遺言

今回から「セールスライターに不可欠な心得」を物語を通して、紹介していこうと思います。 なぜ、物語なのか?理由は3つあります。 1つ目は「桃太郎」や「鶴の恩返し」など、子どもの頃に聞いた昔話を僕たちが今でも覚えているように、物語は人々の記憶に残りやすいという特徴があるか...

「筋トレ」は好きですか?セールスライティングは「筋トレ」と同じ

あなたは「筋トレ」がしたことがありますか? そう。腕立て伏せ、腹筋、スクワットなど、あのきついトレーニングです。 僕は学生時代に格闘技をやっていたので、筋トレが趣味になっていたようなマニアックな時期もありましたが、社会人になってからほとんどやらなくなりました。 ...

人はショッピングが大好き。でも〜は嫌い。

この前、スーツを買いに自宅から徒歩10ほどのデパートのスーツ専門店に行った時のことです。 僕はスーツを2着買いたいと思って、自分にぴったりのスーツを探しながらショッピングを楽しんでいました。 その時、感じのよい爽やかな男性が「何をお探しですか?」と声をかけてきました。...

セールスライターとして大成功したければ、常にUSPを探し回れ!

もし、あなたがセールスライターとして本気で成功したいと思うのなら、単にお客さんの満足するようなセールスページを作るとか、販促用のパンフレットなどを作るため支援をすることで、満足していけません。 なぜなら、そうしたら仕事の一つ一つはもちろん、自分のスキルを高め、お客さんの役に...

セールスライター志望のあなたへのアドバイス

率直にお伝えします。 もし、あなたがセールスライターとして仕事をしている。もしくは、セールスライターを目指していて、思うように成果が出ていないのならぜひ、やって欲しいことがあります。 それは、セールスコピーを書くことです。 そして、一度書いて終わりではなく、たく...

なぜ、稼ぎ続けるセールスライターには、優秀なコーチが付いているのか?

あなたは稼ぎ続けているセールスライターには必ずと言っていいほど、優秀なコーチが付いていることを知っていましたか? 最近、「セールスライターの教科書」の読者から、こんな質問をいただきましたので、お答えしたいと思います。 読者からの質問 稼いでいるセールスライターにはあって...

稼ぐセールスライターがやっている「普通の人がやらない2つのこと」とは?

この前、お客さんと次のセールスプロモーションの話をしていたら、こんな質問をされました。「実は僕もセールスライターになりたくて勉強してるんですよ。どうすれば、反応率の高いセールスコピーが書けるようになるんですか?」

セールスライターに向いている人はこんな人!

僕は昔からあまり人に褒められたことがありませんでした。成績も中ぐらい、頭の回転も早い方ではありません。でも、こんな僕でもセールスライターという職業(キャリア)に出会い、たくさんの失敗はしたけれでも(今もまあまあ失敗してます、、、)、お客さんに喜んでもらって、その対価として、そこそこの報酬をいただくことができています。

あなたを自動で成功させるって!?冗談じゃないよ!

世間には、楽に、簡単に、努力なく・・・みたいなノウハウが溢れていますよね?僕も恥ずかしいですが、そういったものに飛びついて、何度も失敗したことがあります・・・。そして、常にこう思うんです。「結局、自分自身の力でなんとかしようとしないと、物事は絶対に前に進まないんだよな・・・」

同僚の批判や忠告を聞いてはならない「2つの理由」とは?

副業でセールスライターとして活動しているとたまに、同僚から批判されたり、妬まれたり、馬鹿にされたりすることがあります(僕もしょっちゅうで、たまにうんざりしますけどね)でも、絶対に気にしないでください。怒るだけ時間の無駄ですし、何の生産性もありません。