セールスライターとして顧客が欲しければ、まずは肉体労働から始めて下さい。

セールスライターとして、顧客を獲得するための最高の方法は、自らのセールスライティング力を駆使して、見込み客や顧客をインターネットを使って集めること!・・・ではありません。セールスライターが継続的に顧客を獲得するには、どんなに泥臭いやり方でもいいから、見込みや顧客に直接会いに行く必要があります。

セールスライターが見込み客を説得し、素早く契約をまとめる方法

今回は、月額10万円〜30万円の集客ブログ(オウンドメディア)の導入を迷う経営者やマーケティング責任者を説得し、素早く契約をまとめるための方法について、お話します。

セールス(営業)の本質は、相手と「法的に拘束力のある契約」を結ぶこと

あなたはセールス(営業)をしたことがありますか?セールス(営業)と聞くと、こんなふうに大変なイメージがありますよね?

ほとんどの営業マンが知らない「見込み客に必要とされる」〜新しい営業スタイル〜とは?

「売り込みするのはもう嫌だ!」というあなたへ。あなたは営業(セールス)に対して、どんなイメージを持っていますか?

セールスライターが継続的に仕事を獲得するための「5つのステップ」【まとめ】

セールスライターとして駆け出しの頃、一番はじめにぶち当たる壁があります。それは、最初の仕事も含めて、継続的に「仕事が取れない」という壁です。そこで、今回の記事では、「セールスライターが継続的に仕事を獲得するための5つのステップ」について紹介します。

セールスライターは見込み客の「拒否」と「拒絶」を混同してはいけません。

今回は、僕がいつも読んでいる本に書いてある「心に残った一節」を紹介したいと思います。 拒否と拒絶を混同してはいけません。 拒否と拒絶を混同すると、売るのが辛くなる。販売活動ではイエスよりもノーと言われる場合のほうが多いからである。不況下ではなおさらそうで、とにかく何に対し...

人に影響与えるために「あなたが真っ先にやらなくてはないこと」とは?

あなたは「人に影響を与えるような力」を持ちたいと思いますか?もし、あなたがセールスの仕事をしているのなら、人に影響を与える力がなければ商品・サービスは売れませんよね?

なぜ僕は、会社を辞めずに起業に挑戦することを勧めるのか?

よく僕は、起業家志望の人からこんな相談を受けます。「思い切って会社を辞めようかどうか悩んでるんですよ。どうすればいいですかね?」そんな時、相手が誰であろうと僕はこう答えます。

セールスライターが、見込み客からの「NO(ノー)」をかわすための「7つの心得」とは?

セールスライターが何よりもまず、売り込まなければならないのは、自分自身のセールスライティング・サービスです。したがって、あなたは常に、自分自身を売り込まなければなりません。そして、実際に自分自身を売り込んでいれば必ず、見込み客から「NO」と言われることがあります。以下に、「NO」を乗り越えるための方法を紹介します。