セールスライターの営業術

セールスライターの営業術

セールスライターがお客さんから「広告費を下げたい」と言われた時に言い返す言葉とは?

From:HIRO 「もう少し広告費下げられない?」 セールスライターは主に、中小企業であれば社長さんや役員の方々と仕事をすることが多いのですが、こんな言葉を四六時中投げかけられます。 気持ちはよ〜く、分かりますよ。 ...
セールスライターの営業術

誰にでもすぐにできるけど即効性がある「新米セールスライターが仕事を獲得する方法」を公開します。

セールスライターを目指すあなたにとって今、抱えている最大の悩みは何ですか? 恐らく、「なかなか仕事を獲得することができない」ということではないでしょうか? 「セールスライティングの勉強を始めた。でも、一体、どうやって仕事を獲得す...
セールスライターの営業術

セールスライターとして「取り替えのきく業者」から「特別な存在」へと一歩抜け出す方法

今回はセールスライターとして契約を勝ち取るために最も重要なことをお話したいと思います。それは、セールスライターとしてのあなたは、見込み客の立場から見て「数ある業者の中の一人」になってはいけないということです。つまり、替えのきく存在になってはいけないということです。
セールスライターの営業術

魅力的なUSPを発見するための「たった1つのシンプルな質問」とは?

今回は、「具体的にどうすれば、ビジネスを激変させてしまうほど強力なUSPを見つけることができるのか?」ということについて、僕なりの考え方を紹介したいと思います。
セールスライターの営業術

マーケティングとセールスライティングの基本は「人に会うこと」です。

あなたは人に会うことは、好きですか?「セールスライターを目指そうとする人は、あまり対面のコミュニケーションが得意ではない人が多い」というのが、僕の実感です。僕も人に会うことは嫌いではないですが、得意な方ではないと思っています。
セールスライターの営業術

セールスライターの報酬の決め方:「時給制」は止めよう

今回は「セールスライターの働き方:時給制は止めよう」という話をします。昔、僕は年配のフリーのコンサルタントと一緒に仕事をしていたことがあるのですが、本当に困ったことが、その人は常に時給換算で報酬金額を請求してくれることでした。
セールスライターの営業術

セールスライターは見込み客の「拒否」と「拒絶」を混同してはいけません。

今回は、僕がいつも読んでいる本に書いてある「心に残った一節」を紹介したいと思います。 拒否と拒絶を混同してはいけません。 拒否と拒絶を混同すると、売るのが辛くなる。販売活動ではイエスよりもノーと言われる場合のほうが多いからである。不...
セールスライターの営業術

なぜ僕は、会社を辞めずに起業に挑戦することを勧めるのか?

よく僕は、起業家志望の人からこんな相談を受けます。「思い切って会社を辞めようかどうか悩んでるんですよ。どうすればいいですかね?」そんな時、相手が誰であろうと僕はこう答えます。
現代広告の心理技術101

セールス(営業)の本質は、相手と「法的に拘束力のある契約」を結ぶこと

あなたはセールス(営業)をしたことがありますか?セールス(営業)と聞くと、こんなふうに大変なイメージがありますよね?
セールスライターの営業術

セールスライターとして顧客が欲しければ、まずは肉体労働から始めて下さい。

セールスライターとして、顧客を獲得するための最高の方法は、自らのセールスライティング力を駆使して、見込み客や顧客をインターネットを使って集めること!・・・ではありません。セールスライターが継続的に顧客を獲得するには、どんなに泥臭いやり方でもいいから、見込みや顧客に直接会いに行く必要があります。
セールスライターの営業術

【要チェック!】あなたは毎日「新規のお客さんを獲得する活動」を続けてますか?

セールスライターとして、書くセールスレターには2種類あります。1つは、新規の見込み客を獲得するためのセールスレター。もう1つは、既存の顧客にハイグレード商品(ダイレクト・レスポンス・マーケティング用語でアップセルと呼ばれます)を売ったり、関連商品(ダイレクト・レスポンス・マーケティング用語でクロスセルと呼ばれます)を売ったりするためのセールスレターです。
セールスライターの営業術

なぜ、セールスライターの報酬は、普通のライターと比べて6倍〜20倍も高いのか?

僕がよく聞かれる質問の一つに、「なぜ、セールスライターの報酬単価が高いのか?」というものがあります。この質問は、お客さんから聞かれることが一番多いのですが、しっかりと説明すれば、ちゃんと理解してもらえます。
タイトルとURLをコピーしました