歴史的発見!広告の考え方を一変させた3つの単語とは?

「広告って何?」もし、あなたが子どもたちから、こう聞かれたら何て答えますか?きっとすぐに答えることができないのではないでしょうか?プロのセールスライターでも物知りな知識人でも、この広告の定義については、とかく忘れがちです。

インターネットの出現で、セールスライティングはどう変わったのか?

セールスライティングは遥か昔から存在する知識・スキル体系です。そして、今もなお陳腐化することなく、使い続けることができる類い稀な知識・スキルです。なぜなら、セールスライティングの本質は人間心理に訴えかける知識・スキルだからです。

良いセールスレターの条件とは?

こんにちは。HIROです。   あなたとって、良いセールスレターとはなんですか?   当然、売上、利益をもたらしてくれるものですよね。   では、売上、利益をもたらしてくれるセールスレターはどんなものであれば、いい...
コピーライティング

2つのコピーのタイプ

こんにちは。コピーライターのHIROです。 今回は、 2つのコピーのタイプ についてお話します。 コピーライティングには大きく分類して、 2つのコピーのタイプがあります。 「イメージ」タイプのコピー 1つは「イメージ」タイプのコピー。 例えば、...

「イメージ広告」と「セールスライティング」との決定的な違いとは?

あなたは普段、どんな広告を目にしていますか?テレビ、新聞、雑誌、電車やバスの中吊り広告、それからインターネットと今はそこら中に広告が溢れていますよね?あなたが普段、目にする広告のほとんどは企業のブランドを印象づけるためのイメージ広告です。一方で、僕が繰り返し、あなたに紹介しているセールスライティングは違います。

コピーでは「情報」を伝えるのではなく「感情」を伝えよう!

人はまず、はじめに感情で動き、後で理屈で正当化する生き物です。だからこそ、文章では「情報」を必要以上に整理して、論理的に突き詰めようとするのではなく、人の根源的な心理に訴えかけるような「感情」を言葉にして伝えるようにしましょう。

見出しを評価するためのチェックポイントとは?

自分、または他人が書いたセールスレターの見出しが、効果があるものなのかを評価するためのチェックポイントを紹介します。 見出しは、セールスレターにおける最も重要な要素なので、見出しを決める前には必ずこのチェックポイントに目を通すようにしましょう。 セールスライティング・ハン...

セールスライティング・スキルとは何か?

セールスライティング・スキルとは何でしょうか?   とても簡単に言ってしまうと、セールスライティング・スキルとは「お金を作るスキル」のことです。   ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の世界では「Copy is King」(コ...

だからコンセプトなんだよ!バカ!

From:HIRO いきなり乱暴な言葉を使ってしまって、すいません。 でも、これはセールスレターを書く上では、非常に重要なことだったので、あえて強い言葉を使いました。 セールスレターでは何よりもまず、一番初めに「コンセプト」を明確にしなければなりません。 ...
ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門( 著者:ダン・ケネディ)

ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門( 著者:ダン・ケネディ)の感想

僕の不安を「キレイさっぱりに」取り除いてくれた『ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門( 著者:ダン・ケネディ)』とは?

発表します!成果を上げるコピーを書くための11のガイドライン

今回は、マーケティングに関する名著中の名著であるザ・マーケティング【実践篇】──激変する環境で通用する唯一の教科書[ボブ・ストーン (著), ロン・ジェイコブス (著), 神田昌典 (監修), 齋藤慎子 (翻訳)]、ダイヤモンド社 (2012/6/29)の中(157~158ページ)の「成果を上げるコピーを書くための11のガイドライン」を紹介します。

広告は第一印象(ヘッドライン)がすべて

「人は見た目が9割」何事においても見た目や第一印象は大事ですよね?それは、広告においても同じことです。あなたは新聞を読みますか?最近では、インターネットでニュースを読む人も増えていると思いますが、数あるニュースの中で、どんなニュースがあなたの心を捉えるでしょうか?それは、見出し(ヘッドライン)=第一印象ですよね?